スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

4・23「ノア」総括。

・今回の実質的メインはセミ前におこなわれた小橋VS丸藤戦だった。むしろこのカードがメインでもよかった…。

「ノア」の日本武道館大会をきのう(4月23日)見に行ってきた。メインは秋山VS井上のGHCヘビー級タイトルマッチ。

そのほかのカードを見ても今回ははっきり言って地味だった。派手さに欠けた。

だからある人なんか満員にならなかった客席を見て「このカードで客が満員になったら誰も苦労なんかしないよね…」とつぶやいていた。

それがほとんどの人の感想でもある。やっぱり秋山VS井上戦では弱かったか…。予想された通りの結果になってしまった。

ボクなんかは秋山VS井上戦を自分なりに好意的に解釈していたんだが、一般のファンは正直だった。井上選手はやはり中堅レスラーの域を出ない。

そういう限界が見えてしまっていたのだ。チャンピオンベルトに挑戦するタイトルマッチとしては、井上選手は非常に荷が重かったことが証明されたといってもいい。

始めからわかっていたことなのだが、これは仕方がない。むしろそれをあえてやった「ノア」の賭けはほめたい。

ただ武道館大会というビッグマッチをやる以上は、客を大入り満員にしないと意味がないこともたしかなのだ。

決して大舞台のメインイベントに登場することのない選手に一瞬、光を与えるという発想はよかったんだけどなあ。成功したとはいえなかったという事実は「ノア」としても厳粛に受け止める必要があるだろう。

なぜなら今のプロレス界でプロレス的気分を満足させてくれるのは「ノア」の武道館大会しかないからだ。

さて、今回の実質的メインはセミ前におこなわれた小橋VS丸藤戦だった。むしろこのカードがメインでもよかったぐらいだ。

ということは、「ノア」においては丸藤が一番、スターらしいということである。この選手を団体のエースに持っていた方が、絶対にいいような気がする。

その脇を三沢、小橋、秋山ががっちり固めるという布陣である。ボクはそれを「ノア」に提唱したい。試合内容を見ていた時のカタルシスが全然、違うからだ。

丸藤こそヒーローである。次の武道館大会は7月16日(日)までない。およそ3ヵ月先である。

それまでマット界にはもう大会場でのビッグマッチはもうないのか?

さびしいなあ。「ノア」には武道館の興行は1回も失敗は許されない。そういう気持ちでやって欲しい。それがボクからのお願いでもある。

ターザンカフェより)

※5月2日(火)19時30分より、「昭和プロレス学 猪木論(2)」を開催します(特別講師…新間寿氏。T・J・シン戦、S・ハンセン戦について語ります。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060502193025.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.