スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

木村健悟さんについて。

・健悟さんは現役レスラー時代、ずっと三役止まりの人だった。いいところ関脇かなあ。新日本みたいにアクの強い…。

健悟さん(木村健悟)が新日本プロレスを辞めた。

え、なぜ、この時期にまた…。

新日本にとって非常にイメージが悪いなあ。新日本の契約更改は毎年1月なのだ。

何か辞めなければいけない事情でもあったのだろうか? 納得いかないなあ。

それとも組織自体が体力を失って歯が次々と抜けていくように、ボロボロになってしまったのだろうか?

健悟さんは現役レスラー時代、ずっと三役止まりの人だった。いいところ関脇かなあ。新日本みたいにアクの強い個性集団では三役になるだけでも成功である。

そうみると健悟さんは小結だ。同じジュニアヘビー級でチャンピオンに君臨した藤波さんは大関までいった。こちらは万年大関である。

なにしろ健悟さんは自分からアピールしたり訴えていく人ではなかった。そこはいつも自然体だった。

「こんなのやってられるか!」といった不満など一度もきいたことがない。

さすが坂口さんについて日本プロレスから新日本プロレスに合流してきた人である。健悟さんの師は坂口さんなのだ。

せっかく稲妻レッグラリアットというオリジナル必殺技を持っていたのに、まったくそれもブレイクしなかったという不運の人である。

不運という言葉さえ健悟さんの辞書にはないといった方がいい。唯一、藤波さんとの試合はいつも好勝負となった。それも元を正せば、藤波さんが健悟さんの持味とそのよさを唯一、引き出した人だったからだ。

その藤波VS木村戦は1回だけ後楽園ホールでワンマッチ興行≠ニしてやられた。それ以来、一度もワンマッチ興行は見たことがない。

あれはよかったなあ。午後8時、スタート。レフェリーはなんと上田馬之助。ああいうことを実験的に平気でやっていた新日本プロレスって、ホントに素晴らしい団体だった。

なつかしいなあ。ロスとメキシコに海外遠征に行った時はパク・チュー≠ニいうリングネームでリングに上がっていた。

ロス時代のフレンドがあのロディ・パイパーなのだ。メキシコでは佐山聡(のちの初代タイガーマスク)ともいっしょだった。

健悟さん、これからどうするの? たしか子供さんはみんな男のコだったよね。息子さんは二世レスラーになるのかなあ。

一度、ゆっくり食事をしたいと思っている。そのチャンスがあることをボクは期待しているのである。

ターザンカフェより)

※4月1日(土)に開催する、第43回シネマイッキ塾の観賞映画、開始時間、集合場所が変更となりました。(観賞映画は『クラッシュ』。開始時間19時。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060401190044.htm">コチラから)。

※第二期「実践文章講座」の受講生募集中!(4月13日<木>〜6月26日<木>まで計12回。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060413193027.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.