スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

永源遥さんについて。

・今、流行の言葉でいうと永源さんはレスラー人生をひとりハッスル≠オて生きのびてきた人である。

永源さんが引退した。

女子プロの前川選手も引退。

そして、新日本プロレスのスカウト部長だった木村健悟さんは新日本プロレスを退社した。

3月から4月にかけては卒業シーズン。あるいは4月は新学期や新年度の月でもある。

プロレスラーを還暦の60歳まで現役としてやれた永源さんは、きわめて幸せな人だった。

今のレスラーは40歳が限界だ。試合内容が激し過ぎる。あれでは体が持たない。消耗品と同じだ。みんな選手寿命を短くするようなファイトを平気でやっているのだ。

永源さんなんか晩年になるというか、もともとドロップキックなどの空中殺法とは無縁のファイター。流行の後ろそり投げのスープレックスもほとんど見たことない。

前座レスラーになってからはプロレスを芸≠ニしてわりきってファイトしていた。

それがあのツバ攻撃≠ナある。トシをとったら誰でも動きが悪くなるものであれでいいのだ。

上から首∞腰∞ヒザ≠ェレスラーにとって三つの爆弾である。永源さんはその三つに悪いことは何も試合でしなかった。

肉体はトシと共に衰える。力が落ちる。スピードがにぶる。スタミナがなくなる。それと同時に美しさもなくなる。このビジュアルの変化も大きい。

そうしたら永源さんのように存在がキャラ≠ノなっていくしかないのだ。それもまた知恵の一つなのだ。

今、流行の言葉でいうと永源さんはレスラー人生をひとりハッスル≠オて生きのびてきた人である。

この場合、ハッスル≠ニはギャグやパフォーマンスのことを意味している。

相撲にたとえると、永源さんは三役、大関、横綱クラスにはなれなかったが、誰よりも長く現役として幕内下位で土俵に上がり続けた力士ということになる。

そうやって自分のポジションを獲得した永源さんは偉い。そういうのを究極の気配り人生という。または処世術にたけていた。

つまりそれは自分の実力を一番よくわかっていたからだ。人間は自分をわかることによって、最強の存在になるのだ。

永源さんは40年におよぶレスラー生活でそれを実証してみせた人だ。

あしたは木村健悟さんについて書く。

ターザンカフェより)

※第二期「実践文章講座」の受講生募集中!(4月13日<木>〜6月26日<木>まで計12回。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060413193027.htm">コチラから)。

※4月1日(土)に開催する、第43回シネマイッキ塾の観賞映画と開始時間が変更となりました。(観賞映画は『クラッシュ』。開始時間19時。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060401190044.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.