スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

3・5「K‐1」総括。

・アーツがシュルトに勝ったのはおかしい。シニアクラスの選手が、メジャーの試合で勝ったようなもの。それは…。

「K‐1」のニュージーランド大会を昨日(3月5日)の夜、フジテレビで見た。

まさか、2005年「K‐1」GP王者のセーム・シュルトがピーター・アーツに負けるとは…。

アーツはほかのスポーツの世界でいうと、もうシニアクラスの選手。ゴルフではシニアリーグにはいっている。

プロ野球ならマスターリーグか。格闘技の世界はきわめて選手寿命が短い。トップクラス、チャンピオンクラスになるとなおさらそういう傾向が強くなる。

時には相撲の世界みたいに朝青龍みたいに断トツに強い人が出てくることがあるが…。それでも頂点に立つと下から狙われる。

全員から標的にされる。そのためトップの立場を維持することはきわめてむずかしい。世代交代は自然と起きる。それがスポーツと格闘技の世界における絶対的真理、真実なのだ。

第1回の「K‐1」GP大会から10年以上、連続してアーツが出場していることは、「K‐1」はスポーツや格闘技とはいえない。

別のものと言わざるを得ないのだ。早い話、「K‐1」はテレビのもの。そう考えたらもっともわかりやすい。テレビにとっての一つのソフトでしかない。

アーツがシュルトに勝ったのはおかしい。シニアクラスの選手が、メジャーの試合で勝ったようなもの。それはサプライズのドラマとは言えない。

それを言ったら「K‐1」の権威が落ちてしまうからだ。

地元、ニュージーランドで9年振りに試合をしたレイ・セフォー。相手はフランソワ・ボタ。

この試合だってまるで自国のスターをお披露目する、まるでエキジビションマッチにしか見えなかった。

まったく「そりゃないよ!」という感じである。はっきり言って程度の低いプロレスを見せられたという感じである。

このままだと「K‐1」は飽きられる。番組中、出演者が使っている言葉が、すべて視聴者をなめている。

大衆はどうせ格闘技をわかっていない。だからこの程度の安っぽいドラマでいいんだという姿勢が見え見えなのだ。ありありなのだ。あれではだめだよ!

ターザンカフェより)

※今週3月11日(土)19時15分より、第42回「シネマイッキ塾」を開催します(観賞映画『力道山』。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060311191510.htm">コチラから)。

※3月20日(月)19時30分より、第1回「昭和プロレス学・猪木論(1)」を開催します(ゲスト…新間寿氏。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060320193011.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.