スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

映画『力道山』について。

・この映画については今年一発目の3・11シネマイッキ塾≠フ題材にとりあげたが、ボクは明日の初日に…。

あした3月4日からソン・ヘソン監督による映画『力道山』が封切られる。これは誰よりも早く見に行く必要がある。

この映画については、今年一発目の3・11シネマイッキ塾≠フ題材にとりあげたが、ボクは明日の初日にもう見に行くつもりをしている。テアトル新宿の最終回、7時20分上映をめざす。

新聞広告を見ると、作家の村松友みさん(「友み」氏のみ≠ヘ「示」+「見」です)、椎名誠さん、それに長嶋茂雄さんに内舘牧子さんがコメントを載せていた。

出演者の中には船木誠勝、秋山準、武藤敬司、橋本真也もいる。

こういう話題作を『週刊プロレス』、『週刊ゴング』、『週刊ファイト』などのプロレス専門誌(紙)は何も特集を組んでいないんだよなあ。

それじゃあ、本は売れないよ。船木や秋山や武藤に話を聞くぐらいのことはやって欲しい。

映画の宣伝文句は「ただ一つの愛よりも、一億人の夢を背負って生きた男。その孤高の物語。」とある。

はたしてそうか? ボクは力道山への興味よりも、この映画を撮った人が力道山をどんなふうに考えて作ったのか? それをたしかめるために映画を見る。

力道山の真実がここにあるのではなく、この映画の製作者の意図と考えと哲学を検証するつもりである。楽しみだ。みんなにもこの映画はぜひ見て欲しいものだ。

そのためにはボクが誰よりも一番先に見る必要があるのだ。なんならあしたテアトル新宿の最終回で会おう。待っているぜ!

ターザンカフェより)

※3月11日(土)19時より、第42回「シネマイッキ塾」を開催します(観賞映画『力道山』。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060311190059.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.