スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

新日プロの契約更改について。

・噂では天山などは去年2月の両国大会でやった小島選手とのダブルタイトルマッチで脱水症状をおこし…。

1月もあと1週間をきった。そこでマット界では新日本プロレスの契約更改は一体どうなっているんだというわけである。

1月24日現在で全レスラー31人のうち正式に更改したのはまだ15人と半分にもなっていない。この28日にシリーズが始まるのだ。

開幕戦・後楽園大会のカードは3試合しか発表できない状況になっている。要は選手の年俸が軒並みダウン提示となったのだ。

人件費の削減が避けて通れないとしたら、経営者サイドとしては年俸のダウンは当然となる。

しかし、そのダウン幅の数字が、去年まででは考えられないほどきびしくなっている。

噂では天山などは去年2月の両国大会でやった小島選手とのダブルタイトルマッチで脱水症状をおこしIWGPのタイトルを奪われてしまった。

会社はあれから新日本プロレスのイメージがガタ落ちした。人気から急降下したという判断をしていて、その責任は試合に負けた天山にあるというわけで極端なダウンを言い渡した。

その数字を聞いたら誰でも天山に同情する。その年俸では天山自身、生活はやっていけない。

レスラーのプライドを維持できる数字ではない。外車に乗っているがその維持費さえ無理だ。

天山と同じで「こんな額でどうやってレスラーをやっていけと言うんだ!」というのが、契約を保留している選手の言いぶんでもある。



・経営者としては契約を保留しているものはあてにしない。その選手がいないものと思ってシリーズを…。

とにかく会社が儲かっていない。またお金がなくて出すものがないとなったらこれはもうどうしようもない。何を言っても始まらない。

そうなると腹をくくる。居直る。それでいくしかないのだ。

経営者としては契約を保留しているものはあてにしない。その選手がいないものと思ってシリーズをスタートさせる。

それぐらい強気になるべきだ。選手も迷っている場合ではない。新日本に残るか、それとも辞めるか? 早く決断した方がいい。こういうことは早いもの勝負だ。

割り切る。それしかない。強気になるしか活路は見出せない。それだけははっきり言える。

弱気になったら終わり。迷っていたら負ける。つぶれていく。終わる。

しかし当事者になるとそうも言っていられないのだ。やっぱり企業団体は落ちぶれたら最悪なのだ。勝つしかないのだ!



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.