スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

ニック・ボックウィンクル論(2)

・AWAのボスだった帝王、バーン・ガニアは井上編集長の話によると、興行で大失敗して事業自体が破産。

元AWA世界チャンピオン、ニック・ボックウィンクルのことをみんなニックさん≠ニ呼ぶ。

1月22日、ゼロワンMAXが後楽園ホールで興行をやった時、ニックさんは久し振りに日本にやってきて、AWA世界選手権の立会人をつとめた。

会いたかったなあ。1月21日、『週刊ファイト』の井上編集長と、フリーの斉藤文彦氏はいっしょにニックさんが宿泊していたホテルに会いに行ったそうだ。

もはや昭和のプロレスを飾った外国人レスラーのスターは、ほとんど亡くなっていない。

まだ元気なのは、ジンキニスキーとザ・デストロイヤーとブルーノ・サンマルチノにこのニックさんぐらいだ。

AWAのボスだった帝王、バーン・ガニアは井上編集長の話によると、興行で大失敗して事業自体が破産。一文無しになった。

そのショックでガニアの奥さんは亡くなったというのだ。

ニックさんのどこが魅力的かというと、レスラーにありがちな「飲む」「打つ」「買う」という三つの悪(別名・勲章)をまったくしなかったことである。



・ニックさんをひとめ見るだけで、ボクなんか古いプロレスファンはそれだけで救われた気分になる。

レスラーの人生は所詮、イソップ物語にある「アリとキリギリス」の話でいうと、キリギリスなのだ。

裸一つで生きていける世界。しかも仕事はいつもその日払い。感覚的にその場限りのその日暮しの感覚になっていくのは当然である。

しかも定住生活者ではない。巡業で旅ばかりしている。

そうなると、人間は快楽に走る。飲んで遊んで体に悪いことならなんでもする。

それがレスラー人生の見本のようなもの。だからカミさんに逃げられる。離婚はつきものだ。

そして晩年になると、体中はケガでガタガタ。まともな日常生活が送れないぐらいダメージが残っている。

しかも貯金をするタイプではないから、現役時代に稼いだお金は一銭ものこっていないし。

それがまた昔のレスラーの面白い所、いい所でもあったのだ。

ニックさんはその点、レスラーにありがちなバカなことをいっさいしなかった。

風格と人格がある。とにかくジェントルマンだ。ニックさんをひとめ見るだけで、ボクなんか古いプロレスファンはそれだけで救われた気分になる。

そういうレスラーはもういなくなった。ニックさんの本を出したいくらいだ。

井上編集長と斉藤君に会ったら、ニックさんの話をいっぱいきかせてもらおう。それが今から楽しみだ!

ターザンカフェより)

※1月25日(水)21時より23時まで、casTYひかり荘に出演します(ゲスト…マッスル坂井さん。詳細はhttp://casty.jp/hikarisou/">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.