スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

05年大晦日決戦総括(4)

・『週刊ファイト』の紙面を利用して「K‐1」イベントプロデューサー、谷川貞治氏をインタビューさせてもらった。

2005年12月31日、大晦日におこなわれた2大格闘技のイベント「男祭り」と「Dynamite!!」とは我々にとってはたしてそれは何だったのか? 

それを検証することは大事だ!

なぜなら今の世の中、終わってしまったことは、あっさりと見事に忘れ去られてしまうからだ。

現に1月13日の時点でもうあの大晦日のことは誰も話題にもしない。

それが現代という超高速情報化社会の現実でもあるのだ。まったくバカげた話である。

だからこそボクはしつこくそこを総括していきたいのだ。

というわけで、『週刊ファイト』の紙面を利用して「K‐1」イベントプロデューサー、谷川貞治氏をインタビューさせてもらった。

それが今日(1月13日)発売の『週刊ファイト』に4ページにわたって載っているのだ。

谷川氏は「Dynamite!!」では25パーセントの視聴率を取る腹づもりをしていたら、わずか14パーセントしか取れなかった。

それに関しては完全な敗北である。これはもう負けた≠アとを認めるしかない。

本人も素直に「今年は負けました!」と結果については白旗をあげた。



・大晦日は視聴者にとってチャンネルを1秒ごとに次々と変えていくザッピング・デー≠セったのだ!

だが、しかしである。内心は少しも負けたとはこれっぽっちも思っていないのだ。

それはインタビューが終わったあとにそっと彼のカバンから出してきた細かい時間帯の視聴率を見せてもらった時、その理由がボクにもわかったのだ。

結局のところ、大晦日は視聴者にとってチャンネルを1秒ごとに次々と変えていくザッピング・デー≠セったのだ。

ライバルとしてのNHKの「紅白歌合戦」と格闘技イベントの当面のライバルである「男祭り」の二つには、ザッピングで勝つしかなかったのに、そこの部分で戦略を間違った。

それが今回の敗因につながったというわけである。まあ、興味がある人は『週刊ファイト』を買って谷川氏の発言に注目して欲しい。彼は本音ですべてを語っているからだ。

次は「男祭り」をやったDSEの榊原社長をインタビューしたいと考えている。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.