スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

10・12「K‐1」MAX総括。

・「K‐1」のWORLDMAX2005の大会において、一つだけ腹が立ったことがある!

10月12日、代々木第1競技場でおこなわれた「K‐1」のWORLDMAX2005の大会において、一つだけ腹が立ったことがある。

それは何かというとアルバート・クラウスとマイク・ザンビディスの闘い方だ。

あの日、この2人はそれぞれ元ボクサーの大東旭と鈴木悟と試合をした。

ボクサーが「K‐1」に新しい闘いの場を求めてやって来たのだ。2人とも年齢的には30を超えている。全盛期を過ぎていることは仕方がない。

それでも新しいことにチャレンジしてくる彼らの勇気と度胸はやっぱり認める必要がある。評価しないといけないだろう。

ただし大東も鈴木もボクサーなのでキック技はできない。もちろんキックに対するディフェンスも無理だ。

だがパンチの技術に対しては見るものが当然ある。

さて、それで試合がどうなったかというと、クラウスとザンビディスは共に「K‐1」スペシャリストである。

打撃技に関してはパンチとキックの両方ができる。可能なのだ。しかも2人は「K‐1」の中でもトップファイターである。



・キック技を出せば勝つに決まっているではないか? そんなわかりきった理屈をボクたちは見たくないのだ!

さあ、試合開始。ゴングが鳴った。ウーン、やっぱり大東と鈴木はローキックに対して無防備だ。簡単にそれを食ってしまう。

弱点をさらけ出す結果になった。問題はそこから先にある。じゃあクラウスとザンビディスにしてみたら、そのローキックを出していればあっさり試合に勝てる。

それを見てとった2人はローキック攻撃で試合に勝ってしまったのだ。

まったくバカなことをしてくれたものである。なぜボクサーに対してパンチで勝負しようとしなかったのか?

自信がなかったのか? それもある。選手というものはリングに上がればどんなに強くても不安になるもの。だからクラウスたちは勝ち≠取るためにローキック攻めにいったのだ。

バカバカしいというか、アホらしいというか。

ボクサーのパンチにはパンチで応戦してそれで勝ってみせる。そうすることで初めて「K‐1」の価値とポリシーを彼らに見せつけることができたのだ。

なぜ、それをやらなかったのか? それは彼らがアーティストではなくボクからするとどこにでもいるアスリートだったからだ。

キック技を出せば勝つに決まっているではないか? そんなわかりきった理屈をボクたちは見たくないのだ。

真に強いものは己にハンディを課してリングに上がるもの。あるいは何をどうしたらファンが喜び興奮するかを知っていたら、わかっていたらあえてそれをやろうとするものである。

クラウスとザンビディスはその精神がまるでなかった。

この2人は平凡なアスリートである。普通の人たちである。

MAXはまだこの点で成熟したジャンル、世界にはなっていないようだ。まだまだMAXにも課題があるということである。

心意気と志(こころざし)のないところには何も感動はないということである。

ターザンカフェより)

※本日、ターザン・メールマガを配信しました(手続きは簡単です。指定の場所にあなたのメールアドレスを入力するだけ)。

※ターザン・メルマガは「まぐまぐ」から発行しています。(まぐまぐID:0000161552 旧メルマガに登録済みの方も、恐れ入りますが旧メルマガは2005年10月末日をもって発行を停止させていただきますので、ターザン・カフェトップページから再登録をお願いします。http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/

※明日10月15日(土)、第39回シネマイッキ塾を開催します。(鑑賞映画『8月のクリスマス』<山崎まさよし主演>。16時半にシネスイッチ銀座に集合。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20051015163030.htm">コチラから)

※10月19日(水)、東京・歌舞伎町の新宿ロフトプラスワンで行なわれる格闘2人祭 vol.23≠フチケットが、ローソンチケットから発売中!(Lコード:39263)。売り切れが予想されますので、お早めにご購入下さいませ。

※ターザン山本!出演中の第2回PRIDEオフィシャル座談会のvol.4が更新されました!(榊原信行DSE代表、山口日昇『紙のプロレス』編集長、そして小池栄子さんと8・28「PRIDE」さいたま大会についてトークバトルを行なっています<計4回予定>。 第2回座談会の初回は会員の方でなくてもご覧になれます。ただし2〜4回は会員の方のみ。詳細はhttp://www.prideofficial.com/free/special/discussion/006.html">コチラから)。

※ターザンギャルド$ン立記念&格闘2人祭≠sシャツがhttp://www.great-antonio.jp/">グレートアントニオで好評発売中!

※7月22日の「天才日記」の中に出てくるターザン山本!が書いたラ・トゥール評はHP「細密画工房<絵草紙>」に掲載されております!(タイトル「ラ・トゥールと神」。http://www.ezoushi.com/la_tour2/5.html">コチラから)

※プレイステーションドットコムにて「http://www.jp.playstation.com/dvd/tarzan/index.html">シネマLOVE」を好評連載中!(第5回目は『ラストサムライ』)

※ターザン山本!最新刊http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『音楽と意図』(インフォバーン・刊)が絶賛発売中!(購入はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873415/qid%3D1107825727/249-2590533-0868309">コチラから)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.