スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

取材拒否について。

日記の方でちらっと取材拒否≠ノついて書いたが、プロレスの世界では面白いことにプロレスラーは何かあると、マスコミに対して取材拒否≠ニいう切札を出そうとする。

それがもう彼らのクセになっているのだ。力道山以来、心と体の中にそれがDNAとして組み込まれているといってもいいのだ。

要はレスラーからすると「お前たちマスコミはオレたちレスラーが食わしてやっているんだ!」というとんでもない発想である。

しかしそれは力道山が作ったものである。ボクは力道山にはそれが許されたと思っている。

ある時代の力道山はとにかく体を張ってプロレスをやっていた。時代と闘っていた。命をかけてプロレスを守ろうとしていた。

プロレスが八百長という言い方をされている限りは、力道山は超強気な姿勢を曲げることに一度としてなかった。

要は世間なんかになめられてたまるかである。そういう性格と生き方をしている人間にとっては、マスコミはオレが食わしているんだ。だからお前たちはオレの言う通りにしろとなる。



・権力とぶつからない表現はなんなんだということになっている。ボクが言いたいのはその一点!

この横暴は今では通用しない。力道山の場合は横暴ではなくそれは力道山のルールだったのだ。いうなればオレがルールだの世界である。

力道山は別格と考えよう。例外もまた真実なりというのがボクの考えでもあるからだ。例外がなかったら人間はバカになるだけである。

例外から真実を学べなのだ。あるいは不条理から人生を知れなのだ。そこの部分ではボクは例外主義者である。

ところがマスコミにとっての表現。物書きにとっての表現とは、必ず最後は権力側と激突するようになっているのだ。

ということは、権力とぶつからない表現はなんなんだということになっている。ボクが言いたいのはその一点である。

要するに表現は内的権力行為であり、それは社会の権力と相容れないのはまったく当然だからだ!

ターザンカフェより)

※次回、36回シネマイッキ塾は9月3日(土)に開催いたします(鑑賞映画は後日発表!)。

※今週土曜日(27日)、ビジュツイッキ塾を開催いたします。(課題展覧会「ギュースターヴ・モロー」展。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050827170023.htm">コチラから)

※今週日曜日(28日)、ターザン山本!トークショー「オレにPRIDEGPを語らせろ!其の二」を開催いたします。(詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050828210049.htm">コチラから。お問い合わせ…http://toudoukan.daa.jp/">闘道館)

※9月9日(金)よりターザン山本!による「文章実践講座」を行なうことが決定!(詳細は8月13日更新の「今日のコラム」に掲載<http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2005/20050813022747.htm">コチラから>。また9月2日<金>に体験入門を開催します)。

※ただいま、PRIDEオフィシャル座談会に出演中!(榊原信行DSE代表と山口日昇『紙のプロレス』編集長とトークバトルを行なっています<計4回>。 詳細はhttp://www.prideofficial.com/free/special/discussion/004.html">コチラから)

※次回、新宿ロフトプラスワンで行なわれる格闘2人祭≠ヘ10月19日(水)です。また、9月28日(水)には大阪バナナホールで新宿ロフトプラスワン10周年イベントの一環として、格闘2人祭≠ェ大阪初登場! ゲストには過激の仕事人$V間寿氏。(9・28格闘2人祭¢蜊纒メの情報の詳細はhttp://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/10th/tour.html">コチラから)。

※ターザンギャルド$ン立記念&格闘2人祭≠sシャツがhttp://www.great-antonio.jp/">グレートアントニオで好評発売中!

※7月22日の「天才日記」の中に出てくるターザン山本!が書いたラ・トゥール評はHP「細密画工房<絵草紙>」に掲載されております!(タイトル「ラ・トゥールと神」。http://www.ezoushi.com/la_tour2/5.html">コチラから)

※プレイステーションドットコムにて「http://www.jp.playstation.com/dvd/tarzan/index.html">シネマLOVE」を好評連載中!(第5回目は『ラストサムライ』)

※ターザン山本!最新刊http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『音楽と意図』(インフォバーン・刊)が絶賛発売中!(購入はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873415/qid%3D1107825727/249-2590533-0868309">コチラから)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.