スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

5・4K‐1MAX(2)

きのう予告した通り5月14日、有明コロシアムでおこなわれたK‐1WORLDMAXの試合について書く。

オープニングファイト、朴光哲対スタウトの1戦は、延長戦は必要なかった。

ボクは3ラウンド終わった時点で朴の判定負けとみたのに、3人の審判が3人とも違った判定を出した。

ボクはそれ自体がおかしいと思うのだ。事実は一つしかないのになぜ3人の審判員が、その一つしかない事実を三者三様の結果を出すのだ。結論は同じであるべきなのだ。

延長戦をやった結果、朴は大差の判定負け。この延長戦は余計だった。時間の無駄というものだ。

トーナメント1回戦、モンゴルのナラントンガラグ対安廣の1戦は、とにかく安廣の入場シーンが長すぎる。あの瞬間、安廣はダメだと思った。

小比類巻はリトアニアのスクリアウディスの自滅に救われる。相手の選手が自分でローを打っておきながらマットに倒れこんだからだ。

そうなってしまったこと自体がボク的には完全に小比類巻の圧勝。実力勝ちとみた。小比類巻からひ弱さは消えた。相当強くなっていると考えるべきだ。

オーストラリアのパー対、ニュージーランドのチャップマンの一戦は、期待はずれに終わる。反則ファイター(?)のチャップマンが、まったく自分のよさを出せずじまい。

体がやせて細く見えたのが原因なのか? 持ち前のタフでずぶとくてワルという彼の持味は、どこにもなかった。逆にパーは安定味抜群だ。優勝候補の一角とみた。

オランダのサワーはブラジルのカノレッティと対決。個人的にサワーに勝って欲しいという気持ちで見ていたので、3ラウンドずっとひやひやもので試合を観戦。

サワーの右手が上がった時、ホッとした。「K‐1」のリングでシュートボクシング最強の男が負けてもらったら困るのだ。頑張れ、アンディー・サワーなのだ。



・ブアカーオは、ひとり別格的存在だ。この人はある意味でムエタイに専念して欲しい!

オランダのクラウスは南アフリカの元ボクシングの世界チャンピオン、カラコダを徹底的にローの攻撃にまとをしぼった作戦。

「K‐1」デビュー戦の元ボクサーは、その弱点をつかれて敗北。しかしキックをおぼえたらカラコダはすぐにでもトップの仲間入りをはたすことができる逸材とみた。

将来が楽しみな選手。来年は今年みたいなことはない。クラウスも今度やったら今日みたいなわけにはいかない。「K‐1」はいい選手を見つけてきた。

前年王者のタイのブアカーオはベラルーシのシンを問題にしなかった。ブアカーオは「K‐1」のリングでは、ひとり別格的存在だ。この人はある意味でムエタイに専念して欲しい。

「K‐1」のMAXに出てきてはいけない選手かも。強すぎる。その強さはほとんどパーフェクトだ。

ブアカーオを倒す選手ははたしているのかと言いたくなってくるぐらいだ。

メインの魔裟斗は韓国のイム・チビンに余裕の判定勝ち。なんでもあとでわかったことだが、左ひざに故障をかかえての試合だったとか。

それで楽勝するのだからさすがである。勝ち方を知っているというのは本物だということである。

次回の決勝トーナメントは7月20日、横浜アリーナでおこなわれる。主催者推薦選手1名ははたして誰になるのだろうか? それも興味深い。

あと山本KID%ソ郁はギリシャのザンビディスにKO負けを喫した。

だって彼はやる気ないようにみえた。いつものKID≠フリズム感と距離感がないのだ。ボクだったら、今大会にはKID≠ヘ出場させない。

もったいないからだ。あんなめったに出現しないニュースターをなぜ大事な商品として扱わないのか? そこがボクにはよくわからない。

スターは試合数を少なくしてなるべく試合に出さないようにする。そこがポイントなのだが、テレビ局にとっては、そういうことは通用しないんだろうなあ。

資本主義の世界はすべてを消費していく社会だから仕方ないか…。

ターザンカフェより)

※本日、第29回シネマイッキ塾を行います!(鑑賞映画は『Shall we Dance?』です。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050506153022.htm">コチラから)。

※5月26日にビジュツイッキ塾の開催を予定しております!(詳細は後日発表)

※プレイステーションドットコムにて「http://www.jp.playstation.com/dvd/tarzan/index.html">シネマLOVE」を好評連載中!(第5回目は『ラストサムライ』)

※ターザン山本!最新刊http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『音楽と意図』(インフォバーン・刊)、2月7日全国書店にて発売!(購入はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873415/qid%3D1107825727/249-2590533-0868309">コチラから)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.