スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

井上義啓さんの名物コラム。「昨日・今日・明日」とは…………

 「週刊ファイト」というプロレス新聞。関西で発行されていた全国紙。新大阪新聞社が発行。私はそこで3年、働いた。編集長は井上義啓氏。

 すでに亡くなられている。通称、I編集長と呼ばれていた。もちろん変わり者。変人。プロレスが人生のすべてだった人。友達は誰もいない。

 部下を持とうとしない。部下はいらないとさえ思っていた。タブロイド版。紙の質はいいとはいえなかった。巻頭ページに編集長のコラム「昨日・今日・明日」があった。

 その前は「ファイト直言」というタイトルだった。囲み記事。それがまた読者の評判が良かったのだ。ファイトは月曜日が締め切りの日。

 朝9時に出勤し机に向かうと井上さんはやおら「昨日・今日・明日」の原稿を書き始める。30分もかからない。すらすらすらとね。

 ハイ、でき上がりだ。なるほどな。これはもう1週間前から何を書こうかとネタを探していたのだ。考え続けていたのだ。だから頭の中にはそれがすでにでき上がっていた。

 これを見て私は凄い人だなと感心。編集長、曰く。「山本君、プロレスとは24時間、プロレスについて考えることだよ」

ターザンカフェより)

※ターザン山本!のツイッターアカウントはこちら!
https://twitter.com/tarzany

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.