スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

2・20新日プロ両国大会について。

2月20日がどういう日であるかは、昭和生まれの人ならすぐに「ああ、長嶋茂雄の誕生日だ」というだろう。

プロレスファンなら「いや、違う。アントニオ猪木の誕生日さ」というはずである。といっても長嶋さんも猪木さんもすでに60歳を過ぎているのだ。

もう長嶋さん、猪木さんではないだろう。そして2005年2月20日は「PRIDE」がさいたまスーパーアリーナで試合をする。

同じ日、新日本プロレスが両国国技館で興行をやる。試合が偶然にもバッティングしているのだ。

歯医者をやっているプロレスファンの先生から電話があって「ターザンさんはその日、どっちに行くんですか?」と言ってきた。

ボクの心は決まっている。「PRIDE」のさいたま大会である。これは好き嫌いうんぬんの問題ではない。

とりあえず見たい試合といったら新日本プロレスではなく「PRIDE」の方になってしまう。いちはやく新日本は天山に小島VS川田の勝者をあてるという。

天山がIWGPチャンピオン。小島と川田のどちらかが三冠王者というわけだから、これは史上初、IWGPと三冠のダブルタイトルマッチとなる。

これが10年前だったら大変な話題になっていた。つまり物事はできそうもない時にそのできそうもないことをやるからサプライズになるのだ。



・ダブルタイトルマッチを発表したことで、新日本の限界がファンに見えてしまっている。

しかしプロレス界はできそうもない時には、できそうもないことは絶対にやらない。

今なら「ノア」のGHC王者、小橋建太VS三冠王者、川田のダブルタイトルマッチである。

小橋VS川田なら誰でも見たい。「ノア」と全日本プロレスに今のところ接点がないから。それは超刺激的なカードになるのだ。

ところがいくらIWGP王者VS三冠王者の対決といっても天山VS小島、または天山VS川田ではカードに新鮮味がない。

ダブルタイトルマッチといっても結局のところは、誰と誰が闘うのかによってその価値が決まってくるのだ。

そういった意味でもこのIWGPVS三冠は興行の切札にはならない。このへんが非常に新日本の苦しいところでもある。

逆にこのダブルタイトルマッチを発表したことで、新日本の限界がファンに見えてしまっている。

ファンはたぶん「違うんだよなあ…」と思っているはずである。ウーン、何をやっても空回りする新日本。昔はそうじゃなかったんだけどなあ。

新日本について考えることは今のボクにとっては、どうしても否定的な結論になっていく。さみしい話である。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.