スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「大晦日決戦」総括A

テレビ視聴率的に大晦日の二大格闘技の興行が成功したので、今回はあえてその問題点というか苦言を書く。

どの試合がもっとも不評だったかというと、ボブ・サップVSジェロム・レ・バンナの一戦だ。

まずルールがK‐1ルールと総合ルールのミックストルールということ自体が、もう妥協の産物である。

このナンセンスな混合ルールがもう誰が見てもおかしいというか、疑問の対象となっていた。

ではなぜそんなことになってしまったのか? 結論は簡単だ。サップもバンナも試合をやりたくないからだ。

特にサップはルールうんぬんよりも、格闘技のリングに上がって試合をするというスピリットが、もはやまったくなくなっている。

それはひどいものである。だが「K‐1」サイドおよびTBSのテレビ局としては、そんなサップでも視聴率を取ろうとしたら欠かせない人材なのだ。

なんといっても大晦日には出させたい。その場合それなりの相手をサップにあてなければならない。こうしてさらに話はこの時点でむずかしくなる。

バンナにしてもK‐1ルールなら安心して試合をできるが、総合ルールとなると不安がある。そんなこんなでサップVSバンナ戦は始めから試合にはならなかった。

"存在の奪い合い""存在のつぶし合い"を格闘技の定義としている人間(ボク)からすると、あのカードはフェイクである。

ごまかしだ。存在の奪い合いとつぶし合いをしないという前提でリングに上がっているのと同じだ。



・「K‐1」よ、坂道を転がってもいいのかである。新日本の二の舞になりたいのかである。

そういうカードが通用してまかり通っているということは、まだ世間は格闘技に対してきびしい目を持ってないからだ。

これからはああいったごまかしのカードはやめさせなければならない。主催者側に自浄作用がないなら、ジャーナリズムが言うしかない。

主催者も反省しない。マスコミも臭いものにふたをして何も言わなくなったら、「K‐1」は新日本プロレスになってしまう。

その繁栄はやがて必ず衰退へと向かっていくはずだ。「K‐1」よ、坂道を転がってもいいのかである。新日本の二の舞になりたいのかである。

あと誰とは言わないが格闘技の試合をワークとしてやる選手が出ていることだ。

彼らは試合中、何かあったらすぐにタップする。試合後、全然、ダメージがなくてそういう選手に限ってみんなピンピンしている。ニコニコしている。あれは許せない。

格闘技を冒とくしている。なめている。彼らは「仕事だからオレには関係ない」と思って負けたことについても何も思っていない。

そういう選手を一掃していくこともこれからの格闘技界が真にメジャーになっていくための課題でもある。

犯罪とは法律に触れることだけではないのだ。ルールにないからといって自分では悪いと思っていながらそれをやってしまうこと。それも犯罪なのだ。

要するにそんな自分を裁くことができるのはお前自身なのだ。人から言われる前に自分が自分を裁くしかないのだ。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.