スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

『週刊アサヒ芸能』の余波

『週刊アサヒ芸能』が載せた「http://www.so-net.ne.jp/pride/hustle/fightcard/index.html">「ハッスル2」」の台本が、ネットで大きな話題になっている。

前日にもこのコラムで書いたが、カミングアウトプロレスとして「ハッスル」には居直ってほしい。

もうそれしかない。しかしそうなると「ハッスル2」に出たゼロワン、全日本プロレス、WJプロレスのレスラーたちは「ハッスル2」と自分たちの団体との間に矛盾を露呈させることになる。

なぜならゼロワン、全日本、WJはカミングアウトしないからだ。いや、できないのだ。

それをやったらおしまいになることを、彼らが一番よくわかっている。

バツが悪いとはこのことだ。「ハッスル2」に出た長州力なんか、もう立場がないというか格好が悪すぎる。

今までなら気楽なアルバイト感覚で「ハッスル」のリングに上がれたが、今後はもうそういうわけにはいかない。

カミングアウトプロレスの一員として、そこに名をつらねることになるからだ。

問題なのは責任をとらなくてもいいアルバイトで「ハッスル」に出ることが、はたしてファンに通用するのだろうかということである。



高田延彦はカミングアウト軍団を結成せよ!

こうなったら高田延彦には「ハッスル」のリングで現役にカムバックしてもらおう。

そうしてカミングアウトプロレスとしての「ハッスル」を彼の手でぐいぐいと引っ張っていくのだ。

それができるのは彼しかいない。逆に高田にはいいチャンスがきたともいえる。ボクだったら高田にカミングアウト軍団(COC…Coming Out Corporation)を結成させる。

そうしてカミングアウトしない連中と闘わせる。「お前らカミングアウトしろよ!」とアジっていくのだ。

お互いが「お前こそ八百長野郎だ!」とののしりあえばいい。マジになってリングで闘うのだ。

決着戦はなんでもありのバーリ・トゥードでやる。あるいは金網のデスマッチでもかまわない。それぐらいのことはやって欲しいよなあ。

テーマは「どっちが八百長なのかはっきりさせろ」である。ウーン、ちょっと考えすぎか? でも、見てみたい。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.