スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

キラー・カーンの自伝。え? カール・ゴッチとの関係がこんなに深かったんだ………

 カール・ゴッチの弟子である。それをアピールするレスラーは多い。ゴッチさんの墓を日本で作ろうとアピールした西村修。

 そこに参列したアントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、木戸修。鈴木みのるもゴッチの名前を出す。ゴッチはある種のステータス。

 すでに神格化されている。しかしそのゴッチとの親密な関係をまったく自分からアピールして来なかったのがキラー・カーンだ。

 プロレスファンもカーンがゴッチの流れをくむレスラーとは誰も考えていない。ゴッチの没後追悼興行、ISM後楽園ホール大会にカーンの姿はなかった。

 納骨式にもいなかった。それなのにカーンさんの自伝本にはゴッチは自分を世に出してくれた恩人と書かれている。

 メキシコマット界に海外遠征、修行した時、モンゴル人レスラーに変身したのはゴッチのアイデアだった。

 それが小沢正志にとっては出世の糸口となった。あるいはプロとして覚醒、変身するきっかけにもなったのだ。

 そこからさらに米マット界、フロリダに渡った時もゴッチさんの口利き。その後、キラー・カーンはアメリカで大ブレイクする。

 ニューヨークでも悪役として大モテ。野球にたとえると完全なメジャー入りだ。さらに重要なことはゴッチ流の関節技、シュートテクニックがリングで生きたことだ。

 黒人レスラーの中には試合で舐めた態度をとってくる者がいる。それに対してカーンは負けていない。客がわからない形で裏技を出し締めるのだ。

 そうすると相手レスラーは途端におとなしくなる。これはレスラーにとって非常に大事なことだ。それもすべてゴッチさんのおかげ。

 とにかくブッカーとしてカーンを世に出したゴッチの功績は大きい。これは新たな発見だった。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.