スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

北斗晶論。

おととい(12月5日)の全日本プロレスの両国大会については、興行時間がやたらと長過ぎるというので、さんざんボクは日記で文句を言ったが、それを別にすればいろいろ気が付いたことがある。

それは北斗晶の存在である。彼女は最初、いつも通りトレーナー姿でリングに登場。

ところがいざ試合になったとき、さっとトレーナーを脱ぐとなんとその下には派手な色のコスチュームを着ていた。

つまり本気で試合をすることをその瞬間、北斗は観客にアピールしたのだ。RO&Dの5人の野郎たちを相手にである。

あれは完全に意表を突いたサプライズになった。ああいうところに北斗のしたたかさがよく出ている。

自分をどんなふうに見せていけばいいのか? それを彼女はいつも必死で考え、きちんと計算し、そして自信満々に実行する。

男子レスラー顔負けだ。さすがというしかない。しかもジャマールを相手に北斗は大きな見せ場を作ってみせた。

オーバー・ザ・トップロープは失格になるルールを利用して、ジャマールをロープに誘い込み、そのまま両者は場外に落ちた。

いやあたいしたものだ。あれがプロレスなのだ。つまり北斗は試合で絵作りを考えて、我々を楽しませてくれる。

それこそがプロの証明というものだ。映画でいうとコンテを考えるのと同じこと。



・本当のプロレスラーは試合で使う技が非常に少ない!

健介ファミリーVSRO&Dの5対5のイリミネーションマッチで一番目立っていたというか、要所要所でポイントよく試合を見せていたのは北斗だった。

あの試合センスはとにかく抜群である。同じようにグレート・ムタも見せ場を作って試合をしようとしている。ほかのレスラーにはその発想が欠けている。

向かい合ってエルボー合戦やチョップ合戦をやっているレスラーには、北斗とムタの爪のあかでもせんじて飲ませてやりたい。

あのエルボー合戦とチョップ合戦はもういい。やるなと言いたい。あれをやっている限りプロレスが下手になるだけだ。

北斗やムタがそんなことする? しないだろう。ボクからすると今のプロレスラーはプロレスを勘違いしている。

技を乱発しすぎ。技を次々と出し続けていないと不安になるようだ。

本当のプロレスラーは試合で使う技が非常に少ない。その少ない技を彼らは実にうまく有効に使っている。

これが一流レスラーといわれている人たちに共通している真実なのだ。

今ではその一流レスラーという概念そのものが"死語"になってしまっている。プロレスが衰退していったのは当然の結果かもしれない。

ご参考までに)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/k/2004/20041206002852.htm">12・5全日本プロレス‐プロ格ゴト

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200412/05/index.html">12・5全日本プロレス両国大会‐スポーツナビ

http://oudou.co.jp/">全日本プロレス‐公式HP

http://leglock.nifty.com/">武藤敬司‐公式HP



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.