スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

プロレスムックで売れる切り札は断然、このひと前田日明しかいない……

 もはやプロレスムックが売れるような時代ではない。結局、出し過ぎ。すでにネタ切れ状態。そんな中、今回、双葉社から発売された逆説のプロレスvol.6、新日本プロレス「伝説の危険水域ケンカマッチ」は異彩を放っている。

 表紙は前田日明だ。巻頭からスペシャルインタビュー、2連発。これは効いた。前田は言いたい放題。

 それって誰にも止められない。前田なら許される。橋本VS小川戦をぶった切ってみせた。痛快。橋本のことをヘタレと言い放った。

 プロレスはなんでもありなのになぜ、リングで小川を潰しにいかないんだとね。正論。まったくの正論だ。

 前田節、炸裂。最高。気持ちいい。やっぱり今でも前田はプロレスラーだ。そこが素敵。素晴らしい。

 続くインタビューPART2ではシュートマッチとは何かを定義。ここでも歯に衣着せぬ発言。もう本を売るには前田しかいない。

 ただし彼は誰のインタビューでも受けるわけではない。『KAMINOGE』の井上編集長は前田のお気に入り?

 二つのインタビューは彼がいずれもやっていた。ただムック本が千円超えの1200円というのはちょっと高いな。

 採算を考えたらそれしかなかったのかも。仕方がない。売れるとみた。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.