スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

11・21全日プロ観戦リポート。

11月21日の日曜日の昼、ふらっと全日本プロレスの後楽園ホール大会に行ってきた。

先週、武藤選手に会ったら「ウチは少しずつだがムードがよくなってきているんだよなあ。興行成績もやや上向きなんだよ…」と言っていたので、それをたしかめたくなったのだ。

今、プロレス界は大氷河期時代に突入している。どこもかしこも赤字だらけの団体ばかりだ。

そんな中で少しでも観客動員にプラスの数字が出ているというのは、信じられなかったからだ。

実際に後楽園大会を見て「なるほどな…」と納得した。この日は最強タッグの開幕戦だった。だからといって馬場さんが生きていた頃と比べるのは、酷というものである。

ただしかしである。ホールの雰囲気にどこかゆったりとした落ち着きみたいなものがあった。ああ、これならお客も「プロレスを見に来たな」という気分になれる。

そういう予定調和の感覚って一番大事なことである。たとえば平井選手とミニ・ラブ・マシンが第1試合で闘ったのだが、最後はマスクマンのミニ・ラブ・マシンが椅子攻撃で反則負けした。

だが誰もそれについてひとりも"ブー"というブーイングをしない。すんなりその反則決着をお客が受け入れているのだ。

ウン、プロレスはこれでいいのだ。全7試合、お客は淡々と試合を見ている。リングと観客席の間ににごりがない。にごるって漢字では"濁る"と書くのだ。

両者が暗黙の了解でここで繰り広げられているものは、プロレスなんだよとお互いがわかりあっている。その感覚が大切なのだ。



・決してそれはスケール感のあるものとは言えないが、それさえも今のマット界では大きな救いになる。

途中、川田、長井組が試合をしている時、新日本プロレスの天山選手がリングサイドに現れると野次が飛んだ。

「この全日本の世界は汚すんじゃない!」という批判的野次である。

全日本のファンはそういうことを非常に嫌う。そこだけが少し濁ったかなという印象があった。別に新日本が悪いと言っているのではない。

天山は川田VS天山の三冠戦を実現さすためにマスコミ用のアングルを仕掛けただけなのだ。必要性にかられてやったまでのことである。

はっきり言おう。全日本のリングというか会場は、プロレスファンをホッとさせ安心させ、そのことでプロレス的なハッピーな気分にさせるものがある。

決してそれはスケール感のあるものとは言えないが、それさえも今のマット界では大きな救いになる。

氷の間から生えてきた草を見つけて喜びを感じるのと同じだ。これって会場に行ってみたら初めて気付く話なのだが…。

ご参考までに)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200411/21/index_b.html">11・21全日本プロレス後楽園大会‐スポーツナビ

http://oudou.co.jp/">全日本プロレス‐公式HP

http://leglock.nifty.com/">武藤敬司‐公式HP



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.