スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

棚橋弘至は形を変えたA・猪木の後継者である……

 2015年の新日本プロレスのG1クライマックスは8年振りに棚橋弘至が優勝した。このG1クライマックスは真夏の祭典と言われてきたが一方では主役のレスラーが脇役にまわるというコンセプトでもあった。

 伏兵が優勝することで盛り上がるシリーズ。ところがなぜか今年はその路線を破った。新日本のトップレスラー、棚橋が堂々のG1制覇。

 さらに一歩、世間に打って出るにはやっぱり棚橋しかいない。そう判断したのかも。ところで棚橋は猪木とストロングスタイルという二つの呪縛から決別を宣言した男。

 それが今の新日本プロレスの繁栄をもたらす大きな転機になったという説がある。たしかにそうだ。彼は誰も出来なかったことをやったのだから。

 ところがよく見ると棚橋は猪木に似ている。完全に素の自分を消している。別人格としてのプロレスラー、棚橋弘至になった。

 成り切っている。いや、成り切ったのだ。以前のチャラ男としての棚橋弘至はどこにもいない。これこそが猪木イズム。

 平成の猪木。21世紀の猪木だあああああ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.