スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

新日本プロレスのG1のキーワードを知ってるかい? スターをブレイクさせないことさ!

 G1クライマックスは一般的に意外性、想像外、どんでん返し、裏切り、逆転、大穴というのがコンセプトになっている。

 それは第1回大会にまったくの無印、ノーマークの蝶野正洋が優勝したことでも明らかだ。蝶野は続く2回大会も優勝。

 G1男、夏男の異名を取った。都合5回も優勝。ところでこのG1はスターを優勝させない。なぜか? もし彼らを優勝させるとそのレスラーの人気が決定的なものになってしまうからだ。

 そういう隠れた思惑があった。その証拠にあの武藤敬司が優勝したのは第5回大会。武藤なんて大本命だろ。それを恐れたんだよなあ。

 橋本真也も第8回大会まで待たなければならない。武藤と橋本は共にその1回だけなのだ。おかしいよ。理解不可能。

 それに対して佐々木健介が2回、天山広吉は3回なのだあああああ。わかるだろ? G1の陰険さが。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.