スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

星川選手のことについて。

「ZERO‐ONE」の星川尚浩選手が、10月17日、北海道札幌大会での試合中に頭部を強打。

「急性硬膜下血腫」をおこし3時間におよぶ開頭手術を受けた。いまだ星川選手の意識はもどっていないという。

これについてはプロレス関係者の多くの人は、いずれは大変なことになるとみんな言っていた。

頭というか後頭部をマットに打ちつける技(わざ)が、やたらと多くなっているからだ。

プロレスラーは受け身をとることについてはプロである。どんなきびしい技、激しい技に対しても必ず受け身をとってみせることができる。

ただ、頭部に関しては例外である。頭だけは受け身のとりようがない。特に後頭部は弱い。

レスラーにとって唯一、後頭部は鍛えようがないからだ。受け身とはそれを練習して鍛えるという行為があって初めてそれが可能になるのだ。

ところが最近のプロレスの試合はパワーボムでしょう。ラリアットでしょう。雪崩式ブレーンバスターでしょう。

各種のスープレックス(後ろ反り投げのこと)でしょう。すべて相手の後頭部にダメージを与える技のオンパレードなのだ。



プロレスは「初めに存在感ありき」なのだ。技はデフレでなければならない。

つまり試合を見ているお客に対して「あぶない!」とか「怖い!」という印象を与えることで、刺激と興奮をおこさせているのだ。

プロレスはそこまでエスカレートしてしまった。もはや危険な技を連発しないと、ファンがエキサイトしなくなったという悪循環。

そういうプロレスは本来は邪道なのだ。昔のプロレスラーは技といったら本当に少なかった。

たとえば"鉄の爪"フリッツ・フォン・エリックはアイアンクローとストマッククローとキチンシンクの三つしか試合で出さなかった。

それでいてぐいぐい試合を引っ張っていた。なぜ、それが可能になったかというと、レスラーに強烈な存在感があったので技に頼る必要がなかったのだ。

プロレスは「初めに存在感ありき」なのだ。それがない人がプロレスラーになったら、危険な技で自分を補っていくしかない。

技はデフレでなければならない。それが一流レスラーの条件でもある。技をインフレ的にたくさん出すレスラーは、三流レスラーの証拠でもある。

そうなると今のプロレスラーは全員、失格なのだ。肉体は所詮、消耗品なのだ。

今回のことは今のプロレス界の根本的問題点から起こったある部分、必然的な出来事といえなくもないのだ。

本日のターザン情報)

・本日発売の『週刊ゴング』&『週刊ファイト』にコラムが載っています。

ターザンカフェより)

※好評連載中の音楽独談≠ェ掲載されているhttp://www.ultracyzo.com/">『月刊サイゾー』が本日より発売されています。

※次回のシネマイッキ塾は10月30日(土)に開催予定です(詳細は今週発表)。

※先週発売のhttp://sabra.jp/generally/now.html">『Sabra』の「G1ミリオネア」という企画に藤川京子さんとの特写&対談が掲載されています。

※ターザンカフェより10・24レッスル・エイド・プロジェクトのターザンシートを購入すると、非売品のターザンバッチをプレゼント!(お申込みはご意見・ご感想メールから)

◆10・24http://www.wrestle-aid.com/">レスリング・エイド・プロジェクト後楽園ホール大会(復活!ターザンシート)

※10・31「PRIDE.28」終了後、ターザン山本!によるトークイベントを東京水道橋・格闘技&プロレス図書館「闘道館」にて開催します。

◆10・31http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20041031210019.htm">オレに「PRIDE.28」を語らせろ!inhttp://toudoukan.daa.jp/">「闘道館」

http://www.great-antonio.jp/item/index.html">ターザン山本!Tシャツ絶賛発売中!‐グレートアントニオ公式HP



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.