スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

3・14K‐1MMA新潟大会A

格闘技がプロレスを興行として超えるためには何をすべきなのか? これは格闘技にとって大きなテーマである。

その場合、格闘技といったら日本では「K‐1」と「PRIDE」のことをさす。ここでは二大メジャーと言っておこう。

興行とは基本的に“見せ物”である。見せ物とは「めずらしいもの」「面白いもの」「奇なるもの」を見せることである。ハッタリでもいいのだ。

だが格闘技は試合をストイック(禁欲的)なものとして、見せなければならないというプレッシャーみたいなものがある。

だからルールをきびしくしてジャッジも公正でなければならない。つまりいい加減なことや、アバウトなことは悪なのだ。

ただ格闘技も昔でいうと木戸銭、今でいうとチケット(入場料)を買ってもらって興行をやっている以上、見せ物の要素をはずしては考えられない。

その見せ物という言い方をいいようにとるか、悪いようにとるかの違いだけだ。

どうせ興行は映像媒体を最大の宣伝と考え、マスコミなくしては何も成立不可能であるなら、格闘技も“ワイドショー”にしろと言いたい。



3・14K‐1MMA新潟大会は試合内容でこけた!

テレビでいう芸能的ワイドショーという言い方とは、少しニュアンスが違う。

ワイドなショーとして一般大衆の話題にならないと、だめだということである。

話題性重視の発想。これである。これしかない。それで外堀りを埋めておいて、試合できっちり見せる。これだよ、これ。

新日本プロレスはかつて猪木VSアリ戦をぶちあげてそれを実現させた時、史上空前といってもいいほど、その試合は地球規模的なワイドショーとなった。

スケールの違いはあっても目標とするのは、あれである。見せ物にはスキャンダルが必要なのだ。猪木VSアリ戦はどこからみてもスキャンダラスだった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/live/200403/14/index.html">3・14K‐1MMA新潟大会<はウイリアムスVSイグナショフ、スミヤバザルVSサップの2試合でワイドショー的興味は合格点だったのに、試合内容でこけた。しょぼかった。

ワイドショーとしては結果的に失敗に終わったということである。



ターザン情報)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040311100108.htm">新・一揆塾塾生募集

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040308113532.htm">3・20出張版博多一揆塾開催!



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.