スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

Krush.38の準MVPは鈴木優也選手と試合した寺戸伸近選手だった……

 Krush.38後楽園ホール大会。MVPは文句無しにメインでモハメド・ギャラウィーにKO勝ちした山崎秀晃。

 彼はどんな時でも観客の想像力を超える試合をする。これってなかなか出来ることではない。だって試合は相手があることだしね。

 さて、山崎選手以外でよかったのはセミ前で鈴木優也選手とぶつかった寺戸伸近選手だ。彼は2年連続で年間最高試合賞を受賞している。

 その意味がわかったよ。普通、格闘技の基本は相手の技を全て封じ込めることで試合に勝とうとする。これが勝利の方程式だ。

 だから勝つためには技の攻防はやってはいけない。しかしそれだと客としては面白くない。つまらない。ファンが求めているのは攻防の激しさだ。

 まあ、わかりやすく言うと打ち合い、蹴り合い。寺戸選手は34歳なのに気持ちが若い。危険を承知で打ち合いに出る。

 キックボクサーとしては異端児だ。そのため前半は鈴木選手にポイントを奪われて劣勢。あれ、今日は負けかと思ったら起死回生のダウンを奪った。

 これが彼の真骨頂なのだ。寺戸流の最高試合賞スタイルとはこのことだ。ヤバいと思わせて逆転する。貴重な存在。

 ユニークな性格をしている。それもまたプロとしての生き方でもある。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.