スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

小川直也論C

『ナイタイスポーツ』の取材を受けていた時、小川直也について突然、ひらめいたことがあるので、それについて書いておきたい。

小川という人は我々からすると、かなりわかりづらい人間だった。その謎がやっと今回、解けた。

小川は自分の感覚にあわないものに対しては"NO"の人だったのだ。たとえば柔道の世界からプロレスの世界にはいってきたのは、柔道の何かが小川の感性とあわなかった。

そのあわないものがあるともう彼はだめなのだ。だからといって柔道を完全否定するわけでもない。

自分の中にあるそのちょっとした1ミリぐらいの違いが、彼にとってはある部分、決定的でもあるのだ。

プロレスラーになった時、この世界にはいろんなしきたりや掟がある。そういうことに対しても小川は、感覚的に自分からなじもうとしない。



自分の感覚だけを信じて、それに忠実に生きてきた結果が今の小川直也なのだ!

自分との違いはあくまで違いなのだ。そういうことは猪木さんに対してもあったと思う。だから猪木さんと小川の関係は、ある時からきれた。

一時、長州とうまくいかなかったのもそのせいである。この自分の感性とは少し違うなと思うことを大事にして生きる。

それが真の意味で自由人、独立した人間といえるのだ。日本人はそこが逆で、他者や組織などと自分の共通点を見出して、その共通点を共有しあう方に自分を持っていこうとする。

それが日本では上手な生き方となっている。協調性を第一としている民族である。

「長いものには巻かれろ」「寄らば大樹の陰」「出る杭は打たれる」という諺は、裏を返せば協調性を大事にした方が人生でリスクがないよというそういう含みを感じる。

小川はその点では異端者だ。自分の感覚だけを信じて、それに忠実に生きてきた結果が今の小川直也なのだ。

http://www.so-net.ne.jp/pride/index_flash.html">PRIDE」に対する小川の違和感も当然なのだ。違和感を大事にして生きろなのだ。それとも君は長いものに巻かれて生きたいの?

ご参考まで)

http://www.ogawanaoya.com/index3.html">小川直也‐公式HP

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/k/2004/20040430135808.htm">小川直也論@‐プロ格ゴト

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/k/2004/20040504115711.htm">小川直也論A‐プロ格ゴト

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/k/2004/20040618165002.htm">小川直也論B-プロ格ゴト

ターザン山本!イベント情報)

◎8・15http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040815210005.htm">オレに8・15「PRIDE」を語らせろ!inhttp://toudoukan.ld.infoseek.co.jp/">闘道館

◎8・24http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040824193005.htm">格闘二人祭inhttp://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/">新宿ロフトプラスワン



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.