スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

プロレスにとってメジャーとは?   インディーとは?

「T-1」チケットの二見社長がプロレスにおけるメジャーとインディーについて書いていた。

   ただ、今のマット界ではもはやメジャー、インディーという言い方はまったく意味をなさないものになっている。

   昔、馬場さんは口ぐせのように「テレビがスポンサーでなくなったらプロレス団体はその瞬間やっていけなくなる」と語っていた。

   それはプロレス中継による放映料のことをさしている。仮に1週間に1回、プロレスを中継することで1千万円の放映料が団体にはいると1ヶ月に4千万円だ。

   その収入はモーストインポータント。ただし放映はゴールデンタイムに限る。深夜の時間帯だと放映料はガタッと落ちるからだ。

   これがすなわちメジャー団体の定義といってもいい。さすがに馬場さんはお金に関してはリアリズムだ。

   だって全日本プロレスの社長として社員やレスラーに給料やファイトマネーを支払う側の立場だったからだ。

   今、プロレス団体はどこもゴールデンタイムで放映されていない。わずかに新日本プロレスが深夜で放映されている。

   ということは現在のプロレス界にはメジャー団体はないのだ。ノーメジャー、オールインディーズ。

   そんな状況になってしまったということである。(続く)

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.