スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

Krushに強力な外敵出現。ヨーロッパ勢は黒船襲来か?

   プロレスはシングルマッチ、タッグマッチを問わず技の攻防が最大の魅力。ただしその技を大安売りすると試合はつまらなくなる。

   問題はレスラーがそのことをどう考えているかだ。でも、今のレスラーはそのことを何も考えていないようだ。

   必殺技の出しまくり。バナナの叩き売りじゃないのだ(笑い)。キックボクシングでは技は目に見えない形での攻防が試合を支配している。

   そこがいいのだ。だからダウンの応酬なんて間違ってもない。それって考えようによっては大味を意味しているからだ。

   キックの本道は実をいうと僅差の判定勝ちにある。プロはそれを好む。Krushはそこを価値転換させた。

   3分3ラウンドの中で倒すか?   倒されるかという闘い方を一つのコンセプトにしたのだ。

   キック界からするとそれって邪道かも。でも邪道が面白ければそれはありだ。まさしく寺戸とハウソンの試合はダウンの奪い合いとなった。

   Kruhsイズム大爆発。それもこれもハウソンがいい選手だったからだ。彼は本当は勝っていたのになあ。

   ついつい我れを忘れてKrushの磁場の中に巻き込まれいつもの自分を見失ってしまったのだ。

   そして次のメインに登場したトーマス・アダマンドポウロスはとんでもない選手だった。彼はフランス人。

   ハウソンはイギリス人。欧州勢のこのパワーは今後、Krushにあらたな流れを生むかも。

   黒船襲来とはこのことだ。さてそのメインは……。(この項続く)

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.