スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

この日のKrushには最後にとんでもない大どんでん返しのドラマが……

   昨日のKrushの後楽園ホール大会。私なんか休憩時間にトイレに行くと、ある人から「今日は新日本プロレスのG1の優勝戦。こっちに来ていいんですか?」と皮肉を言われた。

   でも、私からするとKrushは格闘技なのにプロレス的な魅力がいっぱいなのだ。ハイ、それにはまってしまったんです。

   スミマセン。ところでそのKrushだがこの日はホールの空気がいつもと違った。それは会場に足を運んだ人ならわかるはず。

   それは何かというと次回、8月26日、名古屋国際会議場イエベントホール大会、9月9日、新宿FACE大会、および10月8日の後楽園ホール大会の宣伝がやたら多かったこどだ。

   特に名古屋ではKrushが地方での初の興行。そのため好カードが目白押し。一大ビッグイベントと化している。

   まさにこの夏、最大の勝負。見所満載の興行だ。新宿FACEは昼の部と夜の部のダブルヘッダー。

   さらに10月8日の後楽園には石川、城戸が参戦。名古屋と10月の試合はぜひ「見た〜〜い!」という気持ちにさせる。

   となると変な話、今日の試合はそのための谷間の興行?   よく、昔、プロレスでは開幕戦とか地方では最終戦のビッグマッチに向けてそれをさかんにあおっていたが、まあ、そんな感じだ。

   別に悪いことではない。と思っていたら第1試合からちょっとかったるい感じで私は試合中、少しウトウトとしてしまう。そういう流れが会場を支配していた。

   今日はこんなものかなあと。自分なりに電圧を落とす。仕方がない。そして第8試合が終わった。

   だらだら感を引き継ぐ形でいよいよダブルメインイベントの一つ、セミの試合に突入。

   ここからは外国人選手が2人登場。まさかそこで大どんでん返しのビッグサプライズのドラマが待っていたとは。

   やっぱりKrushは油断できない(この項、あしたに続く)

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.