スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

今日、7月30日はプロレス記念日だという……

   まさか「プロレス記念日」があるとは。そう、7月30日はあの力道山が日本プロレスを旗揚げした日ということで「プロレス記念日」になった。

   といっても何か特別なことでもあるのだろうか?   イベント、トークショーなどだ。しまった。やるべきだった。

   気が付くのが遅い。しまったあである。力道山といえば今では最も“戦後”ということを代表する人。

   戦後とは何か?   そういう問い掛けをした時、いろんな考え方、概念が浮かんでくる。それもまた人それぞれだ。

   キーワードはアメリカ。これに尽きる。欲望の肯定だ。それは欲望は自由ということでもある。

   右にならえ。日本人もその世界の中にはいっていった。高度経済成長。1億総中産階級。はまった。見事にはまった。

   いや、本当ははめられたのだ。そんな中、力道山は東京オリンピックがある前の年に亡くなった。

   それが戦後の最初の死。昭和38年(1963年)。そして2番目の戦後の死がその7年後、1970年、三島由紀夫の自決である。

   大阪万博とかぶっている。3番目の死が2011年の東日本大震災。力道山は刺され、三島は自決し、東日本大震災は原発事故。

   この三つはつながっている。それが何であるかはまだ何もつかめていない。これから考える。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.