スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

7・21KrushのMVPは山崎秀晃選手です

   その前にもう一度、山本優弥対阿佐美ザウルス戦について言っておきたい。きのうも書いたように格下相手の選手に本気を出すことなく3対0の判定で負けた山本優弥。

   そこで最も言いたいことは一つしかない。敵をなめるのはいい。でも、お客をなめたら終わりなのだ。

   お金を払って試合を見ている観客、ファン、オーディエンスこそ最大の真剣勝負をしているのだ。

   それを私は「見る真剣勝負」と名付けている。優弥はその観客を裏切った。MVPの反対、ワーストファイターだ。

   さて、MVPだが大番狂わせを現実のものにしたザウルスに与えるのが普通だが、そのファイトは敢闘賞的イメージが強い。

   ファン的にはMVPを取っても不思議でないが、私はあえてMVPは63キロ急のWILDRUSHのリーグ戦で寺崎直樹を秒殺KOした山崎秀晃にあげた。

   この試合に勝つともうリーグ戦は残りの試合を待たずにぶっちぎりのトップで優勝したようなもの。

   山崎はまったく遠慮なしに相手を叩きのめした。その強さはもうあきれるばかり。ノリにノっている。

   強いものは強い。それをファンに見せつけてくれたことは大きい。そこが山本優弥との決定的違いだ。

   格闘技が持っている非情さ、残酷さ。リアリズム、ダイナミズム。それを我々に見せつけた男こそMVPにふあわしいのだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.