スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

総合格闘家は試合だけしていればいいのか?

「PRIDE」と「Kー1」はなぜ没落してしまったのか?   一時、あんなに繁栄していたのにねえ。

   その原因を考えた時、ある人が次のような指摘をしたのだ。プロレスラーは地方巡業が中心だった時代では地元のタニマチやスポンサーとの付き合いを大事にした。

   まあ、試合が終わったあとの食事会に付き合うとかである。そういう時はレスラーは“ごっちゃん精神”を発揮する。

   それと同時に相手を持ちあげるのもうまい。頭を下げることもおぼえる。するとタニマチも気分がよくなり「わかった。チケット持ってこいよ!」といって100枚単位で買ってくれるのだ。

   だからプロレスの興行ではそうやってレスラーと営業部員が手売りをしてチケットをさばいていた。

   おそらく会場に来たファンの何割かはその手売りの客である。来ている客が全部、プレイガイドやチケットぴあで券を買った客ではないのだ。

   ところが「PRIDE」や「Kー1」ではそもそも地方巡業がないので選手がそういうことはやらない。

   しなくてもよくなった。新日本プロレスや全日本プロレスではチケットを手売りでさばく営業部の人間が何人もいた。

   格闘技団体ではそれもなかった。どんな興行でも一番大事なのはライブである。ライブではいかにして実券の客を動員するかが最大のテーマ。

   だが「PRIDE」も「Kー1」もテレビの放映権料が大きかった。そっちへの依存度が高くなってライブの客を充実さすことがおろそかになったこともたしか。

   たしかに日本では手売りは大切だ。それをプロレス団体は一番よくわかっている。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.