スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

マイルCSと相撲

 先週このコラムの前文で相撲のことを話題にした。そこで注目力士をピックアップしてみたわけだが、なんと今日までまともに相撲をとっている人がほとんどいない。

 まず、初日の朝稽古で鶴竜がギックリ腰になり出場ならず。その初日の取組みで足首を怪我した豪栄道は休場。関脇陥落で巻き返しをはかる栃ノ心まで肋骨骨折で休んでいる異常事態なのだ。

 今場所から大関に返り咲いた貴景勝や、12勝で大関昇進が約束される御嶽海は早々に優勝戦線から大きく脱落。手負いの角番大関の高安も3連敗。あまりに不甲斐ない内容にブーイングまで起きた。

 そこへ塩を塗るかのごとく、解説の北の富士さんが「こりゃ無理だな。休んだ方がいいんじゃないの」とキラー発言をする始末。こうなると横綱・白鵬の一人舞台。中日を前に優勝確率90%以上である。

 チョイ覚醒中、朝乃山に奮起を望む。すでに白鵬と対戦して負けているが、低い立ち合いから上手を取れば安定感ピカイチ。体は出来ている。御嶽がコケたので、次の大関候補筆頭はこの力士。

 …なんとなく、相撲と競馬って近いものを感じるのだ。寿命を縮めてまで競技に適した身体にしたり。脚質は取り口と共通点がある。逃げ先行=突き押し、差し追い込み=四つ。八百長疑惑まで似ている。

 では、予想へ。


【第36回マイルCS 京芝1600】

 人気のダノン2頭だが、なんとなく“G2番長”の匂いがするのはボクだけだろうか。特にキングリーの方である。前走、出遅れながら大外ぶん回しでの勝利を評価している媒体は多い。

 しかし、あれは斤量恩恵あってなんぼだったでしょう。力を要する馬場でどうか?新馬戦からたった4キロしか増えていない馬体重は気になる。初の長距離輸送なのでガレていてもおかしくない。要チェック。


 毎年、毎日王冠は豪華メンバーが揃うのだが、あくまでそれは前哨戦である。緩い仕上げで58キロを背負い、適距離ではないところで番手から3着に粘ったDインディチャンプには驚いた。

 マイルCSでもっとも良績の『3枠』を引く運の良さ。内枠+先行馬の信頼度は高い。気迫のこもった追いきり、さらに筋肉がついて馬体も変貌を遂げている。迷わず本命!…となるのだが…


 福永騎手→池添騎手へ乗り替わり。当レース3勝の実績はあるものの、しっかり頭にもってくるイメージがわかない。印を下げるか大いに迷ったが、馬の充実度を信用して◎を付けた。

 対抗Iアルアイン。天皇賞・秋は競馬をしていないので参考外。当初からムーア騎手でここを目イチに設定していた。もう少し内がよかったが許容範囲。持久戦に持ち込めば勝機もあり。


 単穴Mダノンプレミアム。見るからに硬そうな筋肉で、激走から中2週の反動が懸念される。不安材料はもう1つ。9年連続で1人気が勝てないレースであること。ただし地力は頭ひとつ抜けているだろう。

 馬券外にとぶ可能性は少ないと思うが、今年の「日本人騎手が跨がるダノックスの馬」は、G2&G3で無類の強さを誇るものの、G1になると勝ちゼロ。つまり、1、2人気の信頼度は意外と低い。

 ロードカナロア産駒の京都巧者(5戦5勝)Nダイヤトニック、詰めた臨戦過程から挑むKモズアスコット、一昨年の覇者であるFペルシアンナイトも叩き良化型。差してくるならこの3頭のどれか。

◎インディチャンプ
◯アルアイン
▲ダノンプレミアム
☆ダイヤトニック
△ペルシアンナイト
△モズアスコット
注ダノンキングリー

単勝   D
3連複F D-IMN-@FIKMN
ワイド  I→DMN



(11/10 エリザベス女王杯 結果)
1着 ラッキーライラック→◯
2着 クロコスミア
3着 ラブズオンリーユー→◎


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.