スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

まんまと逃げ切る◎キセキ

宝塚記念(G1)

近年はディープ牝馬から勝ち馬も出ているが、コース形状からは持久力優先。スタートからしごいていたズブいヒシミラクルを筆頭にナカヤマフェスタ、ゴールドシップと鈍足の馬でも勝ち切れる芝G1がここ。

昨今問題になっている煽り運転だが、日本競馬はむしろ煽らない運転主流。今年の大阪杯は同日同条件の古馬1勝クラスより5ハ通過が0.6も遅い超後傾戦。ハナを切った横山典は奇策でもなんでもなくプロとして至極真っ当。

あれだけ恵まれた展開で脚を溜めに溜めて勝ったラッキーライラックは昨年のエリ女含め、こういう瞬発特化戦に滅法強い馬。今回は枠、ペースともに前走から真逆の条件。キャリアピーク期でも安易に飛びつけない。

2着クロノジェネシスは枠の差でキレ負けした印象を残したが、ゴール前で明らかに渋った脚は馬の状態だったのかそれとも坂で息が上がったか。G1勝ちはすべて人気薄。イップス爆弾持ちの主戦。主役指名に躊躇。

サートゥルナーリアは有馬2着とは言え斤量恩恵ありで3馬身千切られた。ベンツで例えればアーモンドアイ、リスグラシューがS、EクラスならせいぜいCクラス。キレやスピードが武器にならないレースならヒモ評価。

ここで能力最上位はラッキーライラック、エグザルタント、ディアドラを前走で子ども扱いしたグローリーヴェイズ。ただいくら現代競馬とは言え、今年初戦がタフな仁川G1。傍系ディープで適性◎もここは評価落として対抗扱い。

本命は今回買い材料が多い割に人気が落ちたキセキ。近走の馬柱は汚れているが凱旋門賞、出遅れた有馬、前々走は出遅れに加え2周コースでホームストレッチ手前の4角でおそらく馬がゴールが近いと勘違いしてスパート。

前走もゲートは出たが、前々走同様、最初の4角で突如馬が勝手にシフトアップして失速といずれもエクスキューズできる凡走。昨年2着は勝ち馬がリスグラシューなのでこのレースが合っていない訳が無い。

そもそも脚の持続力だけでアーモンドアイと接戦してきた馬。近2走にしてもあれだけ道中消耗するレースをしながらいずれも1秒負けていないのがこの馬の凄さ。得意の中距離。ゲート五分なら名手がカタに嵌める。

大穴はペルシアンナイト。さすがに基礎スピードが落ちているのでマイルでは底を打った感があるのでこの距離延長は好感。得意コース、叩き2戦目、脚を出し切ってくれる鞍上で内枠。無欲の一発に期待。

◎キセキ
〇グローリーヴェイズ
▲ペルシアンナイト
△サートゥルナーリア
△ラッキーライラック
△クロノジェネシス
単勝14
馬連、ワイドBOX2,3,14
馬連14→5,11,16
三連複14→2,3,5,11,16
三連複2→3,5,11,16
ワイド5-14

(前回結果)
帝王賞
1着クリソベリル(2人気▲)
2着オメガパフューム(1人気◎)
3着チュウワウィザード(3人気△)
的中なし



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.