スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
青年Mの‘善戦楽闘‘
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

耐えて凌いでサンリヴァル

皐月賞(G1)予想

 世代トップどころか個人的には全競争馬の中で現役最強ではないかと考えるダノンプレミアムのノーエントリーは馬券派には「吉報」となったが、ダントツの主役候補不在で混迷一途。非常に偏差値が問われる大一番となった。

 近年の皐月賞は高速ハイペース耐性が問われる無酸素運動戦多発でスピードに秀でたマイラー型の好走が多かったが、今日のような上がりが掛かる馬場ならスタミナ内包の中距離型の舞台。

 馬場が速くても時計が掛かっても問われるのは脚の持続力。ドスローからのギアチェンジ戦のように楽レースばかりやってきた馬が凡打の山を築き、泥臭い根性のある馬が人気薄で粘りこむのが皐月賞というレース。

 手前味噌だが昨年は一番根性のある馬ということでアルアインに本命を打ったが今年もそのスタンスは同じ。この面子なら一番根性ありと見込む◎サンリヴァルでホームランを狙いに行く。

 この馬は弱くない。弥生賞本命の際にそう書いたがレース後はその思いは確信へ。ハナをすんなり切り取ったまでは良かったが、ペースを上げ切れずに道中は完全にダノンプレミアムの恰好のラビット。

 4角であっさりと馬なりで併せに来られて、後は後方勢の餌食となる惨敗ムード。しかしここから脅威の粘りで結果的に漁夫の利で差してきたワグネリアン、ジャンダルムにゴール手前でかわされたものの僅差の4着。

 タラレバが飛び交うおけら街道だが、4角先頭で必然的にまったく伸びない内ラチ沿いに進路を取らざるを得なかったのがツキの無さ。直線でもう1頭前にいて外から交わす展開だったら少なくとも2か3はあったはず。

 関西馬の割に関西未出走。全4戦中3戦が中山二千と皐月賞全力ローテ。前述の弥生賞、ハイペースを前付けした馬で唯一ゴール前まで抵抗した前々走。このG1での連続4着が本番で大きく効いてくる。

 近2戦と違い叩いて臨む臨戦。強力スイーパー不在、逃げなくていい面子。そしてルーラーS×タキオンの血筋が担保になるこの馬場が好走への決定打。ひと言で言えばそこそこキレがあるクリンチャー。耐えて凌いだサンリヴァルの皐月賞。

◎サンリヴァル
〇ジェネラーレウーノ
▲ワグネリアン
△グレイル
△エポカドーロ
△キタノコマンドール
単勝、複勝14
馬連BOX2,10,14
馬連14→5,7,12
ワイド14→2,5,7,10,12
三連複14→ 2,5,7,10,12

アンタレスステークス(G3)予想

◎ユラノト
〇ロンドンタウン
▲グレイトパール
△ナムラアラシ
△トップディーヴォ
☆マイネルバサラ
単勝12
馬連BOX1,7,12
馬連12→2,5,16
三連複12-1,7-1,2,5,7,16
ワイド12→1,7

ターザンカフェより)

★☆★お知らせ★☆★
雑誌『競馬最強の法則』2018年5月号、発売中!
ターザン山本が国分恭介ジョッキーをインタビューしています。

コンビニ、書店などでも販売。ぜひご覧下さい!
↓Amazon
http://amzn.asia/1CGYIyI
↓『競馬最強の法則』HP
http://www.kk-bestsellers.com/magazine/saikyo/

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.