スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

如月打倒

・春らしいいやな曇り空だ。まるで空にベールがかかっているみたいだ。昼から少し読書をしたあと、3時前に出かける。

2月28日(火)

今日で2月も終わりと思うと気分がいい。区切りがいいところで司法書士の人に電話して、債務整理はどうなっていますかとたずねる。

ボクの方はすべておまかせなので、先生の言う通りにお願いしますと伝える。次に葛飾区役所に行く。まず国民健康保険から会社の保険への切り換え手続きをする。

あと保険料でまだ未払いぶんが残っていたので、その支払いについての交渉をした。ほとんど支払いの目安はついたといえる。

ガス屋を呼びガスコンロのお金と今月のガス代を払う。2月は毎日、風呂にはいっているのでガス代は5千円だった。

ついでに新聞販売店にも電話し、『日刊スポーツ』の購読料を払う。コンビニに行ってケイタイの使用料、8千円も払ってきた。牛乳代だけがまだ集金に来ていない。

午前中はそんなこんなで終わってしまった。春らしいいやな曇り空だ。まるで空にベールがかかっているみたいだ。昼から少し読書をしたあと、3時前に出かける。



・今週の週ゴンの表紙は前田日明と船木誠勝の2人だった。ボクが読みたいと思った記事は、巻頭記事に載っていた…。

4時、麻布十番に到着。4時15分、ラジオでエフエム栃木に電話出演。続いて5時半からサムライTVでやっている『週刊GONGTV』に出演。

今週のゲストは『週刊ゴング』の木幡編集長だった。さすが彼は元「ノア」担当の記者だけあって、週末の3月5日、日本武道館大会でおこなわれる「ノア」の5大シングルマッチを、実にわかりやすくかつ雄弁にその見所を語ってくれた。

今週の週ゴンの表紙は前田日明と船木誠勝の2人だった。ボクが読みたいと思った記事は、巻頭記事に載っていたケロちゃん≠アと元新日本プロレスのリングアナ、田中秀和氏のインタビューだ。

本音が語られているのでかなり興味深い。京成線立石駅に着くと、イトーヨーカ堂に行って買いものをする。よし、今日の晩御飯はカレーライスを作ってやれとそう思ったのだ。

じゃがいもとニンジンと玉ねぎときのこ類をたっぷり入れたカレーだ。たしかに自分で作るとおいしい。御飯ももちろん炊いた。

そのカレーを食べる前に台所の蛍光灯4本が一度に切れたので、それを近くにあるビバホームに買いに行く。8時前なのにまだやっていた。

蛍光灯を取り替えると、台所が一度にパッと明るくなる。



・性格とか性分はなまけ者でずぼらだが、いざ仕事になると働きものになる。それが一番、理想的なパターンだ!

9時15分、NHKテレビでやっていた鳥インフルエンザと闘う日本人女性医師のドキュメント番組を見る。

プロフェッショナル≠ニいうタイトルの番組。彼女が母として2人の小さな子供に言っていたのは「人間としてなまけ者になるな。生きている限り働き者になれ!」だった。

性格とか性分はなまけ者でずぼらだが、いざ仕事になると働きものになる。それが一番、理想的なパターンだ。

なまけ者とずぼらは決して悪ではない。人間ならみんなそうだ。だがそのなまけ者の人類もこと文明≠フ構築に対してだけは、なまけ者にはならなかった。

なぜか? 欲望を満足させたいからだ。人類の欲望が形としてデザインされていったのが、文明であり都市であり都会である。

文明と都市は作りっぱなし、使いっぱなし、ほったらかしが基本。その部分では人間はいい加減なのだ。

10時から12時まで思考と読書。深夜、NHKスペシャル、矢沢永吉の特集を見る。

永ちゃんファンはみんな永ちゃんに生きる勇気をもらって仕事をしている。

完全なカリスマだ。すごく単純なところがいい。決して格好いいとはいえないことが、格好いいことにひっくり返っているところが面白い。永ちゃんにしか有り得ないことだ。

人生に失敗と挫折と失意とどん底はつきものだ。それを経験した人たちにとって永ちゃんは救いの神なのだ。

立ち上がっていく時のモチベーションを永ちゃんが与えてくれるのだ。永ちゃん自身、1988年、友人にだまされて35億円の借金を背負ったが、わずか7年間でそれを返した。

そのへんのバイタリティーは常人の業ではない。広島県出身かあ。52歳? まだ若いなあ。

テレビを見終わると、また読書。寝たのは3時40分頃だった。また夢を見る旅に出ることになる。

あしたから3月だ。とりあえず4月26日の60歳の誕生日までには借金は完済させる。それと同時に執筆活動をする。

しょっぱいヤツとしょっぱいものにかかわっているヒマはない。みんな滅びろだ。自業自得だ。オレは生き残る。

今日の四字熟語≠ヘ如月打倒にする。

ボクはやっと2月に勝つことができた。この28日間はホントに精神的に苦しかった。独房生活をしいられているような気分だった。

さあ、3月、弥生のシーズン突入なのだ!

ターザンカフェより)

※3月11日(土)19時より、第42回「シネマイッキ塾」を開催します(観賞映画『力道山』。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060311190059.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.