スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

想像貧困

・とにかく2月という月は最悪だ。伊豆の河津ではこの時期、桜が満開になる。その河津桜≠ヘまだ一度も…。

2月14日(火)

ああ、やっとポストカードを書くことができた。ただしそういう気分になれたといってもわずか2、3枚である。

ボクは一度、書き出したら1日にまとめて15枚書くこともあるのだ。

とにかく2月という月は最悪だ。伊豆の河津ではこの時期、桜が満開になる。その河津桜≠ヘまだ一度も見に行ったことがないのだ。

春よ、来い。早く来いである。博多の山崎家の三姉妹と奥さんから高級チョコレートが届いた。あ、今日はバレンタインデーだった。忘れていたよ。

ありがとう。三姉妹の次女、光ちゃんは今年の4月、中学生になる。

ウワー、どんどんみんな大きくなっていく。女のコはあっと思ったら20歳(ハタチ)だよ。



・週ゴンは今週から木幡氏が新編集長に就任。当然、番組に出て簡単な所信表明をしてもらった。

午後4時、麻布十番に行く。『週刊GONGTV』に出演。

週ゴンは今週から木幡氏が新編集長に就任。当然、番組に出て簡単な所信表明をしてもらった。

「何も変わりませんよ!」と言いながらゴング≠ニいうロゴの部分を、今まではバックを黒にした白抜きだったものを蛍光グリーンに変えていた。

さらに試合リポートを記名原稿にしていたのも今までの週ゴンにはなかったことだ。記者が自分の名前入りで試合をリポートしていく。

これはボクが『週刊プロレス』の編集長時代にやっていたことで、週ゴンはその反対に書き手の名前はずっと入れていなかった。

また来週から『週刊GONGTV』で女子プロのページを紹介するゴンギャルは元GAEAJAPANの植松選手が登場する。

テレビの収録が終わったあと新編集長の木幡氏と控室で1時間近く雑談をした。



・ボクはそれを常々想像的貧困≠ニ思っていた。その貧困さを打破するためにボクはシネマイッキ塾≠竅c。

地下鉄、麻布十番の新聞スタンドで朝日新聞の夕刊を買ったら興味深い記事があった。

ボクは反朝日≠ネのだが夕刊紙は50円なので外出すると、必ず買うようにしているのだ。映画とかのイベントの情報をチェックするためだ。

「思想の言葉で読む 21世紀編」というコーナーで象徴的貧困≠ニいうタイトルが書かれていた。

この言葉を見た時、またボクは「やられた!」と思った。だからボクはいつだってこんなことをしている場合ではないのだ。

こんなこと≠ニはそんなことである。象徴的貧困とは、フランスの哲学者ベルナール・スティグレールが使い始めた言葉だそうで、それを東京大学の石田英敬氏が訳語として使ったもの。

その意味は「過剰な情報やイメージを消化しきれない人間が、貧しい判断力や想像力しか手にできなくなった状態のこと」をいうのだ。

つまり「情報社会の中で増え続ける大量の情報に追いつくためには、情報の選択や判断までを自分以外の誰かの手にゆだねざるをえなくなり、その結果として、政治や社会などの重要な問題についても、誰もが同じような感想や意見しかもてなくなっている」というわけである。

わかりやすくいうと、昨年の衆院選挙で小泉旋風が吹き荒れた時、それに対して距離をおいた姿勢をとれるかどうかである。

みんなバカみたいに浮かれただろう。あるいは今、トリノオリンピックがさかんにメディアで報道されているが、それに対して無関心な態度を自然にとれているかである。

ボクなんか衆院選挙とトリノオリンピックには両方ともインポ状態である。トリノインポとさえ言っているのだ。

その方が絶対に情報社会から自立できているのだ。一つの情報に関して同じ感想や意見しか持てなかったとしたら、それはもうバカ丸出しである。

「メディアの多様化は進んでいるのになぜ人々の意識は同じ方向に向かうのか?」である。過激な情報が画一化を促す≠ニいう見出しはまったくその通りだ。

ボクはそれを常々想像的貧困≠ニ思っていた。その貧困さを打破するためにボクはシネマイッキ塾≠竅u実践文章講座」を開いて、若者たちをあおってきたのだ。

お前のそのしょっぱい言語感覚を変革しろと。象徴的貧困とは想像的貧困のことであり、最後は言語感覚にいきつくのだ。

怒とうのように押し寄せてくる情報の洪水。こちらが何も求めていないのに勝手に視覚と聴覚を無差別攻撃してくるニュースの山。

それになれるな。呑み込まれるな。あるいは群れるなである。トリノオリンピックの情報に今、日本人はそこに群れている草食動物だ。

お前の半径5メートルの生活圏。その精神世界の自衛権を行使しろである。トリノオリンピックをオレには関係ないと言い切れる自分を持つのだ。

情報は形を変えたファシズムだ。思想統制よりも始末が悪くて人間の自意識を知らない間に支配してしまうのだ。

これ以上書くと、この日記の更新が遅れるので今日はここまでとする。

四字熟語≠フ方は想像貧困にする。

ターザンカフェより)

※2月19日(日)新日本プロレス両国大会終了後(21時15分頃)、東京・水道橋にある格闘技&プロレス図書館「闘道館」で「オレに新日本を語らせろ! 其の二」を開催いたします。(料金は2000円。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060219211547.htm">コチラから)。

※2月20日(月)19時半より、東京・水道橋にある貸教室・貸会議室「内海」で「A・猪木の誕生日を勝手に祝う会」を開催します(ゲスト…新間寿氏。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060220193041.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.