スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

不作時間

1月25日(火)

今日という1日はひとことで言うことができる。ずばり不作≠ナある。なぜ不作なのか? その原因はhttp://oceans12.warnerbros.jp/">『オーシャンズ12』にある。

みなさんに言っておきたい。あの映画のポスターにだまされてはいけない。あるいはブラッド・ピットにつられて見に行ってもだめだ。

とにかくこんなにお客に対して不親切な映画はない。ストーリーの見せ方がまったくなっていない。

あとでパンフレットを買って全部それを見ないと、何がなんだかよくわからないのだ。

これはよくない。ボクからするとまったくファンに対して失礼な映画だ。見に行っても余韻なんてまるでないからやめといた方がいいよ。

しかしこの『オーシャンズ12』が雑誌「この映画がすごい!」の来月発売号の課題映画とは…。いやだなあ。誰が決めたんだよ。

映画を変更したい気分になった。これなら『ネバーランド』の方がいい。

今日は何もすることがないので昼過ぎボクは歌枕に電話し、映画でも見に行こうと誘ったのだ。

つまらない1日を映画鑑賞することでリカバリーする。ウン、これはいいアイデアだと思って意気込んで有楽町まで行ったんだけどなあ。

途中、ボクたちはJR神田の駅に降りて『週刊プロレス』と『週刊ゴング』を早売りしているスタンドがあるので、そこで週プロと週ゴンの2冊を買ったのだった。

やっぱりあのボクらのカリスマ、前田日明がマスコミに登場したので、プロレス専門誌はどんな扱いをしているのか? どんな誌面構成をしているのか?

そこにボクは興味を持ったからだ。あと週ゴンでボクは座談会に欠席。その座談会がなくなったことにえらく後悔したのだ。

その原因についてはボクの連載コラム「俺の出番だ!」に書いているので、そっちをぜひ読んでもらいたい。

GK°熨氏との座談会は彼とボクがコンビでやるからいいのだ。

ボク抜き≠フ座談会はやっても意味がないことを、GKにはわかって欲しいのだ。

ボクがやる座談会は必ずマット界で起こったこと、動いていること、その他の事件に対して鋭く斬り込んでいく。

GKの場合はゲストとの親しい関係を見せる方に流れていく。それではだめなのだ。読者のニーズがどこにあるのか、GKにはそこをわかって欲しいのだ。

前田日明の登場は週ゴンのコピーにあったようにプロレス界の救世主(メシア)になる可能性があるのだ。前田という人にはそうしたパワーをボクは今でも感じているのだ。

ボクは映画とは「映画を見ることで人生を得した気分になる」という定義をしてきたが、大ハズレの映画を見ると逆に1日を損した気分になってしまう。

今日は完全にそれがマイナスの方に出た。『オーシャンズ12』は大、大、大、失敗作である。



・『紙のプロレス』の最新号が届いた。チョロちゃん、ありがとう。あれ、表紙が地味だなあ。

人間にとって1日とはなんだろうとつい考えてしまう。単純にいったら朝があって昼があって夜がある。ただそれだけのことなのだ。そして今日は火曜日だった。

季節は冬。あと何もないもんなあ。もしかして何もないことが人生なのかなあと思ってしまう。ああ、ホントに何もないよ、ボクには。

まったく何もないと言い切れる。昔はそれが言い切れなかった。何かあると思い続けた自分がそこにずっといたからだ。

何もないことをじっと見ている自分がこの頃、やたらと多くなったような気がする。

『紙のプロレス』の最新号が届いた。チョロちゃん、ありがとう。あれ、表紙が地味だなあ。色は銀と白かあ。

赤を使って欲しいなあ。ミルコの横顔か? ヒョードルの顔が傷だらけのアップは写真が中に載っていたけど、ボクだったらそっちを表紙にするけどなあ。

中身もまとまりすぎ。もっと下品に、もっとハレンチに、もっとはじけて、もっとしつこく、もっとあぶらっこい精神で雑誌を作って欲しいなあ。

でも、ボクのページはこれがまた目立っているのだ。白黒のページで3ページしかないのに『週刊ゴング』1日編集長、本誌初登場!!という見出しなんだもん。

これはみんな読むよ。歌舞伎町のド真ん中でダーをやっている写真が、とびらで大きく載っているのだ。

全ページこんな形で紙プロはやってもらいたいよ。おとなしくなるな。格好つけるなである。



・あ、一つだけ事件があった。ラスカルの公(きみ)から夜の11時5分頃、電話があった。

西野君に「K‐1 WORLDMAX 2005」の記者会見に行ってもらった。

日本代表決定トーナメントのカードが発表された。注目はやっぱり山本KID%ソ郁対武田幸三だろう。小比類巻貴之は安廣一哉と対決する。

村浜武洋対HAYATOとのカードが決まった。優勝賞金は600万円。KO賞は30万円となっている。

KIDと武田の試合を組んだだけでもうこのトーナメントは成功したようなもの。

こういうところは「K‐1」のイベントプロデューサー、谷川貞治氏の素晴らしい部分でもある。

うまいよなあ。憎いよなあ、まったく。さらにスーパーファイトで去年のMAXの王者と元チャンピオン、アルバート・クラウスの対戦も予定されているとか。

これなら見に行きたくなる。2月23日、火曜日、有明コロシアムで開催される。SRS席が2万円。もっとも安い席が6千円。

今日はこんなものか。あ、一つだけ事件があった。ラスカルの公(きみ)から夜の11時5分頃、電話があった。

何かと思ったら引越しの準備で家の中には、ダンボールの箱が積み上げられてるという。

そうこうしているうちにボクが彼女に書いて送った葉書(ポストカード)と手紙があって、それを来た順番に読み返していたら、うるうるときて涙が止まらなくなったというのだ。

そういえば最近はボクもあまり葉書や手紙を出していない。「またターザンさんも手紙を書いて送ってきて…」と言われてしまったのだった。

これはいっとくけどのろけではない。というわけで今日の四字熟語≠ヘ不作時間にする。

不作な1日ってあるんだなあというのがボクの感想である。

ということは1年365日、ボクには不作な日はほとんどないということなのだ。

たまに不作だから、そういう印象を強い形で持ってしまうのだ。

ターザンカフェより)

※1・28http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050128160041.htm">第22回シネマイッキ塾開催決定!(鑑賞映画http://www.wisepolicy.com/nathalie/">『恍惚 渋谷ル・シネマ1 16時集合)

※1・31http://www.back-drop.jp/pro-w/16-20050131.html">ながの16文の会(ターザン山本!来場)

ターザン’S1週間)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050124112038.htm">宴会外交-1月24日(月)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050123140030.htm">思慮分別-1月23日(日)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050122122050.htm">前田出現-1月22日(土)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050121085225.htm">生生世世-1月21日(金)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050120140228.htm">議論二出-1月20日(木)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2005/20050119120443.htm">念力校正-1月19日(水)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.