スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

渋谷映画

 今年初になってしまったが渋谷に映画『レ・ミゼラブル』を見に行く。ひとりではつまらないのでシンジロー君を誘う。

 午後2時35分からの回。道玄坂にあるTOHO CINEMAS。さすが渋谷だ。

 高校生とかのカップルがいっぱいいた。うん、私には向いていないな。映画はやはり有楽町がいい。

 特にこうした大作はね。長いという噂だったが全然、気にならなかった。でも私のとなりにすわった女性は上映中、何回も手を目にやっていた。

 おそらくずっと泣いていたのだろうか? 一体、どの部分で彼女は泣く気になったのか?

 映画はもっと冷静に見てもいいと思うんだけどなあ。ちなみにシンジロー君は今日が2度目とか。

 ミュージカルなので飽きない。それはいえる。歌も歌詞も両方とも素晴らしいよ。

 ウチパクさんはこの映画のCDを買ったそうだ。彼女は「レ・ミゼラブル」の文庫を買ったというのだからすごい。

 私は正直、映画で十分。ただ、あの歌詞はチェックしたいなあ。見ているときには感心したのにすべておぼえていない。

 う〜ん、もったいない。もったいないよ、ホントに。あれで英語がわかったらもっと素敵な気分になったはず。

 え? 何? パンフレットが完売してないの? それは困ったなあ。家に帰ってから検証不可能だ。

 ストーリーは「青春」「革命」「愛」「神」の四つがテーマ。主人公はジャン・バルジャンなのだが、そこに社会に向かって立ち上がる若者たちの青春群像がかぶってくる。

 そこが映画版『レ・ミゼラブル』のあらたな視点じゃないのかな。それに対してジャン・バルジャンの場合はあくまで「罪」と「罰」と「赦し」の問題。

 ドラマとしては絶妙なからみ、構図である。観客からすると君は誰に感情移入するのである。

 ジャン・バルジャンを追いつめていく警視。この人もしつこいよな。というよりも仕事に忠実過ぎるよ、まったく。

 そのこと自体がもうトラウマになっているんだもん。あとコゼットという少女。宿屋の夫婦の娘。

 この2人の女性の生き方、考え方も興味ある。さらにこの中で死んでいく人間と生き残っていく人間と……。

 最後、監督が言いたかったのは何か? なんだろうね。自分で考えるしかないか。映画を見終わった時、私はシンジロー君に「すごくよかったよ。気に入ったよ……」と言った。

 さっそく居酒屋でお話をする。これがまた楽しい。話し相手がいるということは大変にぜい沢なことだよなあ。

 以上、まずは今年一発目の映画は合格。いや、それ以上。満足度は非常に高い。という1日でした。

 この日の“四字熟語”は渋谷映画にする。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.