スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

宝来寿司

   ランチはあの立ち食い「栄寿司」に行かない?   そんな誘いを急に受けた。あ、あそこはおいしいよな。

   ネタが特別にいい。立石の仲見世商店街の入口の所にある。と思って大喜びしたらなんと今日は木曜日。

   仲見世はお休みの日。ガクー。ショックだ。このショックは大きい。じゃあ「黒門」に変更。

   焼き鳥丼にでもするか。アーケードのない北側の商店街を歩いていく。そこを左に曲がれば「黒門」だ。

   ところでその前まで来た時、友人は「チョット待ってよ。たしか反対側の通りに寿司屋があった……」。

   え?   君、立石の住人でもないのになぜ、そんなこと知ってるの。あれ、ホントに寿司屋があったよ。

   そこは何回となく前を通ったのにまったくこれまで無視していた。だって人通りが少ないもん。

   立石の駅からするとはずれ。ちょうど居酒屋「秀」の裏側にあたる。看板を見ると江戸前「宝来寿司」とある。

   立石7丁目2の6か。中にはいってびっくりした。あれ、この店は相当な老舗じゃないか。

   とりあえずカウンター席へ。テーブル席には二組。カウンターには60代の親父さんがひとり。

   よし、上を注文だ。2人前ね。あれ、私の大好物、茶わん蒸しもあるんだ。じゃあ、それもね。

   その時、私はそこのカミさんに聞いてみた。「ねえ、創業して何年になるんですか?」。

   え?   70年?   なんだ、オレ、まだ生まれてないよ。凄いなあ。立石はどんな店もはやらないと次々と新しい店に変わっていく街。

   やたらとチェーン店が進出してくる。でも、その逆で昔ながらの店はそのまましつこくしぶとく残っている。

   その古さと新しさが混在しているのだ。そこがまたいいんだよ。そんなことを考えていたらカウンターの親父が「オレ、この店、6歳の時から来ているんだよ」と私たちの話に割り込んできた。

   あのね、それって失礼なことなんだよ。だいいちあんた、もう相当酔ってるじゃないか。

   午後1時を過ぎてひとりでいる所をみると、おそらく家では娘や奥さんにまったく相手してもらえないんだろ。

   だから自分の話を誰かに聞いて欲しい。こういう人間に限って一方的に自分の話しかしないんだよ。

   それも酔ったせいか下ネタまでして。もう、くそ親父だ。とっとと消えろ。うせろだ。

   店のカミさんだっていやがっているじゃないか。でも常連の客だから仕方ないって顔をしている。

   60を過ぎてああなったら人間として最悪だ。下町の飲み屋に行くとそういう高齢者が多い。せっかくいい寿司屋さんを偶然、見つけたというのにとんだ災難だ。

   カミさんは私のそんな気分を察してか「ウチのイカの塩辛を細巻きにしたものがおいしいのよ。ひとつ食べてみない。自家製だから……」。

   ハイ、いただきます。これがまた辛くなくて甘い。女性的な塩辛を生まれて初めて食べた感じ。ありがとう。上寿司を食べたあと友人とニ、三トッピングした。

   帰る時、「宝来寿司」のチラシを手にする。幕の内弁当。天重、うな重、特上ちらし、さらに宴席用料理もあった。

   気に入った。気に入りました。あれ、ちり鍋、よせ鍋もあるの?   このあと友人と「サンマルクカフェ」に行ってコーヒーを飲んだのだが、友人は私のことを立石のもぐりと言った。

   一体、お前は何年、立石に住んでいるんだと。ハイ、1988年だから24年です。それでなぜ「宝来寿司」を知らなかったのかである。

   それはいえるな。私は立石をくまなく知っているわけではない。まだはいったことがない店が山ほどある。

   そっちの方が圧倒的に多い。いわゆる食わず嫌いというヤツかも。それにしても立石に住んでいない友人はハナが効くよな。

   感心した。今日は彼に一本取られた格好。というわけでこの日の“四字熟語”は宝来寿司にする。

ターザンカフェより)

※本日、“今日のコラム”、“プロ格コラム”、“競馬西遊記”、“アジ語”の4本を更新いたしました。

【お知らせ】
ターザン山本は現在、携帯電話のアドレス登録がないため、電話とメールは返信でのみ連絡できる状態になっております。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.