スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

気分一新

12月13日(月)

まいったなあ。土曜と日曜の気分をひきずってしまった。昼から船橋競馬場に行く。

見事なほど1レースも当たらなかった。当たるわけないよ。後遺症で心がガタガタになっていたんだから。

もう、やけくそという次元を超えている。4時頃、家に帰る。船橋競馬場は川崎競馬場や浦和競馬場よりも、レースとしてははるかに面白い。

スタートがすべて。これはどこも同じなのだが3コーナーから4コーナーで、みんな仕掛けていき、直線の攻防もわりと見応えがある。

そんなことはどうでもいい。月曜日の昼間、競馬場にいること自体が、なんだかさまよっているなあという気分になる。

意識的にさまよっているのだ。どつぼにはまったかな。いや、はまっているわけではない。仕事はすべて順調である。

順調すぎるぐらいのところがある。ましてボクは今、いろんなことを計画中なのだ。くそ、少しあせりすぎなのかも。

いや、あせってはいけない。競馬が思うようにならないことに対して怒っているのだ。腹が立っているのだ。世の中で唯一、自分の思うようにならないんだよなあ、まったく。

それがイライラしてしまう原因である。ボクもこの点だけは蟻地獄にはまってしまったようである。

人からするとしょっぱいなあと言われてしまうんだろうなあ。人間って自分が思うようにならないことに対しては、意外に夢中になったり、意固地になったりするだろう。あれである。



・ビデオ『殺人の追憶』を見終わった頃、李さんが家に来た。人生相談である。

あれ、愚痴を言っても仕方ない。ほかのことを書こう。西野君が借りてきてくれたビデオ『殺人の追憶』を見る。今日がビデオを返さなければならない日だからだ。

この映画は以前、大ヒットした韓国映画『JSA』の監督が撮ったもの。それに雑誌『この映画がすごい!』の編集者のF女史からも「ターザンさん、ぜひこれは見ておいた方がいいよ!」と言われていたのだ。

たしかに映画としてはよく出来ている。それは認める。女性を狙った連続殺人事件を追う2人の刑事の話。

しかも本当にあった話という。でもさあ、ボクが映画監督ならこの題材は絶対に映画にしない。なぜなら犯人が今も見つかっていないのだ。事件は未解決なのだ。

それがラストシーンでわかってしまうのだ。映画は見る側の快感原則にのっとって生まれてきたジャンルである。

映画は何が重要かというと、スクリーンの世界にはいることで自分の日常的時間では決して味わうことのできない世界を仮想体験することである。

そのカタルシスが映画の最大の魅力である。そこでは美しい女優に会えるわけだろう。恋愛、冒険、活劇。みんなそのためにあるわけだろう。

『殺人の追憶』では凶悪な殺人犯がつかまっていないのだから、その犯人が勝利者になっているのだ。そんな映画、誰が見たいのだろうか?

ふざけるなである。映画の中ぐらい勧善懲悪の精神をきっちりと書いて欲しい。正義が悪に勝つという…。

ボクが被害者(女性)の家族だったら、あるいは殺された女性がボクの妹だったらこの映画は作らせない。

徹底的に抗議する。製作中止≠訴える。それが普通だろう。都会ならまだしも田舎で起こった殺人事件を解決できないのは、警察もだらしない。

これはもう映画の出来うんぬんのレベルではない。それ以前の問題だ。監督のセンスを疑う。少なくともボクとは人生観があわない。NGだ。

ビデオを見終わった頃、李さんが家に来た。人生相談である。派遣の仕事がこの12月で契約が切れ、無職になってしまうという。

無職になったら次の仕事を探せばいい。生きていくため食うために働く。それをまず人生の出発点にする。

とにかく職を見つけて働けである。李さんは30代後半である。将来に向けてでっかい夢を彼はボクに語った。

それについてはここでは書かない。急に仕事がなくなって不安になっているのだ。派遣の仕事をやっていたらそういうことは、ある日、突然やってくる。

会社勤めをしていても倒産は突然、社員が知らないところで起きる。そういうものなのだ。李さんに言いたい。

要はどういう信念を持って生きるかである。何を信じて生きるかである。それが一つでもあれば何も怖いものはない。

それがないから迷うのだ。不安になるのだ。苦しむのだ。お金、家族、仕事、野心、野望といろいろあるだろう。そのうちのどこに自分のポジションを置くかである。

健康に自信がある。顔に自信がある。人付き合いに自信がある。なんでもいいのだ。

趣味を持っている。それでもかまわない。一つだけ忘れてはならないことは、いい友人を持つことである。

フレンドシップ、パートナーシップというのは大切である。李さんは明治製薬から出ているハッスルチキンカレー≠ニハッスルポークカレー≠ボクにくれた。

チキンは小川直也、ポークは橋本真也のことである。小川と橋本の横にはなぜか高田総統の絵がはいりこんでいる。

あとボクの大好きな天津甘栗むき栗を二袋、それと六条麦茶のボトルを24本。みんなプレゼントして持ってきてくれたのだ。

大丈夫だよ、李さん。君はたくましく生きていける人なんだから。

問題はそこにどれだけのプラスアルファの人生を、君は求めているんだよ。生きていくことには全然、何も心配していない。

それ以上に面白いことと楽しいことを、君は心の中で自覚してしまったんだよ。

いいんじゃないかな、そういう意味の向上心を持つことは。ボクは大歓迎する。李さんは元気になって帰っていった。

近いうちに食事をしようとボクの方から約束する。ありがとう、チキン&ポークカレーはあした試食してみる。



・過去に引っ張られているのか、それとも欲望に引っ張られているのか、どっちなのだろうか?

そうだ、もう一つ郵便でプレゼントが届いた。白沢さんからだ。CDが二つ。

キャロル・キングの『つづれおり』とジョン・ウエットンの『ヴォイス・メイル』。

例のきりたんぽ事件≠ェあったので、ボクは白沢さんの贈りものは食べものよりCDの方がいいとポストカードに書いて送ったら、さっそく反応があったというわけである。

さっそくきいてみたら、ボクの好みからいうと断然、ジョン・ウエットンの方だ。

キャロル・キングの方は少しかったるかった。やや時代遅れという気がしたのだ。ボクはキャロル・キングのことも、ジョン・ウエットンのことも当然何も知らなかった。

夜は道元の本を読む。あの永平寺を開いた有名な禅僧である。それにしてもむき栗はうまい。おいしい。一袋をぺろりと食べてしまう。

そして今日、また激しい夢を見てしまった。『週刊プロレス』時代に入稿作業に追われてよく徹夜の作業をしたが、それがそっくりそのまま夢に出てきたのだ。

もちろん夢なので部屋とかはまったく違う。とにかく疲れてボクは薄暗いベッドで横たわっているのだ。

まだ原稿を書きあげていない。ここで仮眠したらまずいと思いながら、襲ってくる眠気に負けてしまったのだ。

ああ、寝たらだめなのにとボクは自分に叫びながら、そのまま寝てしまう。目がさめると、宍倉次長が目の前に立っていた。

身長が190センチぐらいになっていた。ボクは彼を見てびっくりする。なぜ、そんなに大きくなったのとつい質問してしまう。

これは夢だから…。それと並行してボクはある女性、誰だかわからない。

その女性とどこかにしけこもうとしているのだ。なんとかしけこむための都合をつけたい。必死にスケジュールを画策する。

彼女を説得する。口説く。その二つの夢が交互に同時進行していた。

過去に引っ張られているのか、それとも欲望に引っ張られているのか、どっちなのだろうか?

夜中に目がさめると道元の本の続きをまた読み始める。冷える。毛布一枚では寒い。ストーブを付けないと無理だ。

出直そう。決めた。リセットのし直しだ。年齢の壁を突き破ってみせる。それしかない。グッドナイト!

今日の四字熟語≠ヘそうだなあ。気分一新にしたい。人間は困ると何回もリセットしたいという願望にかられる。気分一新はこういう時、便利な言葉だ。

ターザン’S1週間)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041212111728.htm">錬金術師‐12月12日(日)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041211101834.htm">馬券公開‐12月11日(土)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041210065452.htm">師走死語‐12月10日(金)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041209112828.htm">暴露歓迎‐12月9日(木)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041208121034.htm">日記未完‐12月8日(水)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/b/2004/20041207143959.htm">冬蛍幻想‐12月7日(火)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.