スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

谷賢復帰

 草津、京都、京都駅から空港バスで伊丹空港へ。そして仙台へ。午前中は滋賀県草津市の栗東トレセンでJRAのジョッキーをインタビュー取材。  

 仙台空港に着いたのは午後5時30分頃か。飛行機から降りるとバスが待っていた。え、バスなの?

 そのバスには20秒も乗っていなかった。だったら歩いてもいいじゃないか。そこから空港の出口へと向かう。

 な、な、な、何? これ。いつもの出迎えの人たちがいるそこは、まったくの殺風景な世界。出口と搭乗口が横に並んでいる。

 まるで倉庫のイメージじゃないか。両サイドにあるJALとANAのカウンターも単に机を並べただけのもの。

 あれトイレも仮設なの? 私はいったん表に出て2階に行こうとした。そこには土産物店やレストランがあるはずなのだ。

 3階の展望台にものぼって高い所から空港全体を見たいと思ったのだ。でも1階のまわりはすべて高い壁で囲まれていた。

 つまり1階も2階も展望台もすべてまだ閉鎖されたままなのだ。見ると目の前にある仙台市と空港を結ぶ空港鉄道もストップしたまま。

 ああ、なんということか。シベリアの小さなさびしい空港にひとり降り立った気分になった。ショックだ。そうか私が今まで住んでいた生活空間は完璧だった。

 どうみても完璧だ。文句のつけようがないほど完璧! それがすなわち幸せという味覚だったのか。

 幸せも味覚なのだ。私は倉庫へと引き返し椅子にすわって婚約した彼女がくるのを待った。


すべては私の婚約宣言のせいだ

 見ると空港会社の従業員の若い女性が真っ赤なスピーカーを手にして飛行機の到着時間を知らせていた。

 アナログだ。これで私はすべてを理解した。私たちは現実の上に文明人としてもう一つ別の現実を作り上げていたのだ。

 架空の現実といってもいい。空を猛スピードで飛ぶ飛行機もその架空の現実の産物である。

 人工的な現実のことである。でも飛行機は落ちることだってある。人間は本来、伊丹から仙台まで歩いていくしかない存在でもあるのだ。

 架空の人工の現実は人間にとって禁断の木の実であり、楽園でありはたまたバベルの塔なのか?

 この日、私が最も視覚的刺激を受けたのはあの真っ赤なスピーカーである。それを女性が持っていたというのもね。

 彼女の車で石巻へ。高速の上り車線はこの時間、長い列が。自衛隊の車、テレビ局の車、ボランティアの車でいっぱいだ。

 彼らは朝、出掛けて夕方、仙台とかへ帰っていくのか。通り雨が激しく降っていた。ここは明らかに東北である。

 車の中から見る風景がそうだ。東京という都会は人間の身体にたとえると目、耳、口などがある首から上の頭部だ。

 顔であり脳である。東北の風景はどうみても胴体のような気がする。そこには内部に大事な内臓がいっぱいある。

 表面上は何もない風景のように見えても「その奥に秘めたる力を見出すべし」なのだ。それが東北のような気がする。

 午後11時24分、彼女の家で寝ていたらケイタイが鳴った。起きて台所の上に置いていたケイタイを取る。

 人見君からだった。人見君は4人で飲んでいた。高円寺でだ。彼が電話をかわると谷賢と谷賢の彼女が出た。

 ついに谷賢が復帰してしまった。すべては私の婚約宣言のせいだ。いいんじゃないの。

 なんでもありだ。私のことをネタにして朝まで飲んでくれ。楽しい飲み会になるんじゃないの。そうだよな。

 今日の“四字熟語”は谷賢復帰にする。おめでとうである。

ターザンカフェより)

※本日、“今日のコラム”、“ベースボールコラム”、“競馬西遊記”、“アジ語”の4本を更新いたしました。

※ターザン山本!のツイッターアカウント、ぜひご登録ください。
@tarzany

※ターザン山本!がマンツーマンの文章指導をおこないます! 受講生募集中! 女性大歓迎!
お問い合わせ先:03-5275-2778
info@t-1.jp
http://www.t-1.jp/
(チケット&トラベルT-1、二見相談事務所)

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.