スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

性の郷愁

 今回の婚約の件は「大人のおとぎ話」と考えて欲しい。10代、20代の若い人たちや30代の男と女の話ではないからだ。

 私は65歳。彼女は××歳。もしかしていや現実として2人の年齢を足すと100は超えている。

 足して100以上のカップル誕生には社会的にもいろいろ特典を与えてもらいたい。日本は高齢者社会になるのだからこれはいいことじゃないの。

 そのことによって高齢者再婚ブームが起きれば面白い。と私はそんなことをつい空想してしまったのだ。

 すべての出来事を肯定しなおかつ自分の都合のいいように解釈していく。それが私流の生き方なのだ。

 だからといって「おめでとう!」と言われると、なんだか困った顔になる。そんなトシじゃないもんね(笑い)。

 第一声はやっぱり「びっくりしたよ・・・」だろう。その方が私自身もしっくりくるんだよなあ。

 人見君のメールはセンスがいい。「さ、再婚ですか! おめでとうございます! ギャンブルに負けて離婚する人はいますが、結婚する人は初めて見ました(笑)。これこそ大大大万馬券ですね。僕の周辺はホリエモン収監よりターザン再婚で大騒ぎになってます!」

 彼の第一声は“おめでとう”よりも「さ、再婚ですか!」だ。これだよ、これ。ジャン窪さんなんかターザンカフェの日記で私の再婚を知った瞬間、仲間に「今日のターザンさんの日記を読め!」といっせいメールを送ったそうである。

 うん、みんななかなかやってくれるよな。それでいいのだ。ガ、ハ、ハ、ハ、ハ。日記はいつも正午過ぎにアップされる。

 午後0時5分、宝島社の編集者からケイタイに電話がありいきなり「再婚おめでとう!」と言われた。

 な、な、なんだよ。私の日記を見てすぐに電話したの? その件について取材したいと言い出した。

 それも今からすぐにという。え、私は午後4時20分、東京発の“のぞみ”で京都に行く予定なのだ。

「じゃあ、2時半、東京駅でどう?」という。7月上旬発売のプロレスのムック本にそれを載せたいというのだ。

 やることが早いよなあ。旬(しゅん)のニュースだからか。ジャーナリストはいつだってそうあるべきだ。

 しつこく質問された。私は相手が相手だけに真実をいうしかないと腹をくくった。キーワードは老人と性だよ。

 それしかないねと言い切った。老いらくの恋じゃない。老いらくの性だよ(笑い)。ウ、フ、フ、フ、フ、フ。

 その点について少し具体的なことを話すとさすがの彼もこの時ばかりはひいていた。オレの勝ちだね。勝ったあ!

 どうまとめるかは彼の勝手だ。好きなようにしてくれ。オレはいつだってまな板の上の鯉さ。


もうこの際、性の復活祭と呼ぼう

 性をはずして人間を考えたらそれはウソになる。静岡の“怪人クン”は彼女にメールを送ったようだ。

 そこには私のことが“最狂老人”と書かれていたという。最狂じじいでいいよ。

 ボケはボケでも色ボケじじいというのはありだよ。たそがれ時の人生にとって、そんな格好いい言葉ではない。

 百歩ゆずってお年寄りたちが求めるものは性への郷愁、性への限りないノスタルジー、それしかないんだよ。

 再び性がよみがえった。キーワードはこれだ。そこでの性は幻想とリアリズムが表裏一体となっている。

 ノスタルジーとしての性はそこでやっと完成する。おめでとうの真の意味はそれじゃないのかな。

 もうこの際、性の復活祭と呼ぼう。ああ、なんだかすごく悪のりしてきた。だめだ、こりゃの世界だ。

 山田風太郎は人の死と臨終について本を出している。でもそこには性の謎が欠けている。

 死、臨終そして性ときて初めてぴたりとくるものがあるからだ。性がのけものにされているんだよなあ。

 山田風太郎は自分のことを空想独裁者と言っている。私は自分のことを妄想独裁者と言いたい。

 京都への出張は「競馬最強の法則」の編集者、S女史といっしょだった。新幹線の中で私が婚約したことを伝えると「面白い。それは面白い」と草津について夕食を共にした時もその言葉をずっと連発していた。

 そうやって面白がればいいんだよ。それが実は私にとって最大の祝福を意味しているのだ。

「狂いびと性への郷愁再発見」「たそがれも郷愁もあり性老人」「我れと寝て遊べや老いのうぐいす谷」

 今日の“四字熟語”は性の郷愁にする。

ターザンカフェより)

※本日、“競馬西遊記”を更新いたしました。

※ターザン山本!のツイッターアカウント、ぜひご登録ください。
@tarzany

※ターザン山本!がマンツーマンの文章指導をおこないます! 受講生募集中! 女性大歓迎!
お問い合わせ先:03-5275-2778
info@t-1.jp
http://www.t-1.jp/
(チケット&トラベルT-1、二見相談事務所)

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.