スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

シュル展

5月9日(月)

   地下鉄千代田線、乃木坂。そこをあがった所に国立新美術館がある。今日(5月9日)でシュルレアリスム展が終わるのであわてて見に行く。

   そうしたら5月15日まで延長された?   なんだ、知らなかったよ。まあ、いいか。中にはいるとすごくオシャレな雰囲気が充満しているではないか。

   東京における美術展は人気のあるものに限って、なぜか客層の年齢が高い。60代以上の人がすごく多いのだ。

   ところがこのシュルレアリスム展はお年寄りには向いていないのか?   そういうことなんだろう。

   いつもの美術館とまったく空気感が違う。なにしろ若い女性がやたらと目につく。いいんじゃないかな。すごくいいよ。

   絵はすべて“遊び心”にあふれている。というよりもすべての作品がである。その視点でみれば大いに楽しめる。

   見る方も遊ばなくちゃである。それでやっと両者は対等の関係になる。要するにむずかしく考えるなである。

   全然、まったくむずかしくないよ。面白いよ。笑えるよ。大いに笑えだ。君はどの絵を楽しめた?

   どの絵で面白がれた?   どの絵で笑えた?   途中、突然、スペインの映画監督・ルイス・ブニュエルの「アンダルシアの犬」と「黄金時代」を上映していた。

   あの名作をタダで見れるんだよ。最高じゃないか。シュルレアリスムって男性名詞なんだって。

   だからこの芸術運動をした人たちの集合写真が大パネルで展示されていたが、いずれも野郎たちだった。

   しばらく見て行くと休憩室があった。そこはテラスのようになっていて窓から外の風景が見れるようになっている。

   背をのばせる椅子もあってある若い男性なんか気持ちよさそうに寝ていた。私も椅子に寝そべってぼんやりと窓の外をながめていた。

   ここで一服すると気を取り直してまた作品を見ることができる。これは大事だよ。だっていっぺんに見ると絵に負けちゃうもん。

   図録と本を4冊買う。その五千円を取り返すため大井のナイター競馬に行ったらメインレースまでだらだらと馬券を買ってしまう。

   競馬場から出ているハトバスは無料で錦糸町まで乗せてくれる。ああ、美術を見たあと競馬はないよな。

   今日の“四字熟語”はシュル展にする。

ターザンカフェより)

※本日、“ベースボールコラム”、“競馬西遊記”、“アジ語”の3本を更新いたしました。

※ターザン山本!がマンツーマンの文章指導をおこないます! 受講生募集中! 女性大歓迎!
お問い合わせ先:03-5275-2778
info@t-1.jp
http://www.t-1.jp/
(チケット&トラベルT-1、二見相談事務所)

※ターザン山本!のツイッターアカウント、ぜひご登録ください。
@tarzany

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.