スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

園子温?

2月19日(金)

 ウン、これからシンジローのことを「ロボ君」とか「ロボちゃん」と呼ぼう。ロボとはロボットのこと。

 2005年の映画「奇妙なサーカス」を家で見てひらめいたのだ。英語の題名はストレンジ・サーカス。

 いやあ、園子温監督って気に入ったよ。大好きになった。友達からちょっと顔をそむけたくなるようなシーンがあるよと言われた。

 そんなの大丈夫だよ。映画なんだから(笑い)。主な登場人物は4人。男2人に女2人。

 そのうちの3人は父(夫)、母(妻)とその娘。残りのひとりは彼らとは他人の関係にある若者(男)。

 とにかく108分間、実体人生は全然、描かれていない。そこにあるのは99パーセントが性(セックス)。残りの1パーセントが食。

 実体人生はフェイクなのだ。そして性そのものもまたフェイク。

 そのことをこの監督は悪趣味をひとつの巨大な武器にして、これでもかこれでもかとそれを映像化していく。

 これはフェイクワンダーランドだ。もうバカバカしいほど面白い。でも日本人には受けない。

 いや、受け入れられない。無理だ。無理に決まっている。それにしてもだ。よくもまああの夫と妻の役にこれ以上ない男優と女優を見つけてきた。

 まさしくどんぴしゃりだ。この監督はその方面でもセンスがいいよ。映画は逆説的な言い方になるが、ビジュアルがすべてだとわかっている。

 感心した。チェロという楽器のケースの中に人間を入れるという発想もなめているよなあ。人間を見ているというよりも全編、動物図鑑を見ているようだった。


これ、だめ? 調子よすぎる?


 途中、「あなたはロボットみたい。だからロボ君よね・・・」というシーンがある。そう言われた若者が私の中でシンジローを連想させたのだ。

 私も呑気だよな。この家を出ていくはめになったのにこんな映画を昼間から見ているなんて。バカだよ(笑い)。

 バンクーバーオリンピック? 見ないよ。あれも消耗品さ。消費されて終わり。早く終わってしまえよだ。

 あ、女子フィギュアスケートは例外。それだけは見たい。だって生身の顔をと体が露出しているでしょ。

 ほかの競技は顔も体もペルソナ(仮面)じゃないか。面白くないよ。ペルソナリンピックと呼べだ。

 何、来週から春のようにあったかい陽気になる? それはうれしいなあ。たしかにこの日、ベッドで寝ていても空気が微妙に冷たくなかった。

 毛布をかぶらなくても布団一枚でいけた。そうかやっと春か。いいぞ、何かいいことないかなあである。神よ、私に偶然とラッキーを与えたまえである。

 私の人生はすべて他力本願にして他罰主義。これ、だめ? 調子よすぎる? それとも都合よすぎる?

 自分の都合でしかモノを考えない。それって私は女性から学んだことなのだ。今日の“四字熟語”は園子温?にする。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.