スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

葉書事件

8月18日(水)

午前11時、例によって玄関のチャイムが鳴って郵便配達の人がきた。毎日、配達物が多いので必ず「郵便です!」と声を掛けてくるのだ。

玄関に出てみるとごそっと葉書が届いていた。うれしくなってゴムひもをほどいてみると、あれ、これってボクが月曜日に出したポストカードではないか?

博多の山崎夫妻、成田の中島さん夫妻、吉原さん、中原さんなどである。みると料金不足という小さな紙がついていた。

ボクはあの時、立石郵便局の受付のお兄ちゃんにこれは定型外なのでいくらになるのと聞いたら、物差しかなんかを引っ張り出し普通でいいみたいです≠ニいった。普通といったら葉書の切手代、50円を意味している。

彼としては手紙などの普通郵便の80円切手のことを言ったのかもしれない。それなら80円です≠ニ言うべきなのだ。

ボクは気になったので桜の木を色どった80円切手を2枚、念のために張った。残りはキティちゃんの50円切手を貼って出したのだった。

そうしたら同じ大きさのポストカードなのに40円不足と30円不足という紙が別々に貼られていたのだ。

ボクは完全にキレた。何より腹が立ったのは、このポストカードは本来、きのうか今日には絶対に相手に届いていたはずなのだ。

それが届かなくて、ボクのところに帰ってきたのが許せない。別にケンカを売るつもりはなかったが、ボクは一応、文句を言いに行った。

話しているうちにイライラしてしまったので、局長を出せ!≠ニつい言ってしまった。そんなに年輩の局長ではない。ボクは事情説明した。

ボクと応対した若い局長は今週、夏休みをとっていて1週間、お休みだという。また別のスイッチがはいった。

なんだ、夏休みなのかというわけだ。局長は意外とていねいな応対をした。ものわかりのいい人である。

定型外とは一つは大きさ。もう一つは厚さ。シールを貼る時、厚めのシールは要注意なのだ。でも1センチを超えることはない。いずれにしてもシャガールやピカソやアール・ヌーボーのポストカードは80円切手を貼ればいいのだ。

あと30円足せばいいのだが、ボクはふみの日≠フ50円切手を貼ってその局長に渡したのだ。

局長は奥の方に行って粗品と書かれた立石郵便局のタオルをボクに渡す。そういうつもりで抗議をしに来たのではないのだ。

もういい。原因と理由がわかればいいのだ。ボクはタオルをもらうとそのまま慈恵医大の皮膚科の外来に行った。



いやあ、たかがポストカードでとんだ1日になってしまった。まったく世間というのは面倒臭いものである。

今回で右の足の小指の治療は終わりかと思ったら、糖尿病は用心のためあと1週間、抗生物質を飲んでと言われる。

もらったのはプロサイリン錠とクラビット錠。前者は食後2錠、後者は食後1錠飲む。プロサイリンは血栓を予防する薬。

血流をよくする薬なのだ。クラビットは細菌による感染症を治療する薬。

患者はこうした薬の名前もおぼえないとだめなのだ。来週の金曜日もう1回、通院しなければならない。

「何かあったらすぐにここに来て下さい」と主治医の先生が言ってくれた。こういう言葉は正直うれしい。

家に帰ったらなんと四つ木の郵便局から電話がある。ここは葛飾区の本局なのだ。「先ほどは私どもが大変失礼なことをしたので、お宅にうかがってお詫びをしたい」というのだ。

すでに問題は解決済みなのだ。そこまでボクは何も要求していない。ボクって相当うるさい人間に思われたのだろうか?

いちゃもんはつけ屋みたいな…。そうなると心外である。ボクはそういう人間ではない。山崎さんたちにポストカードが届かなかったのが、とにかく気分的にいやなのだ。

「だからウチの方で事情説明を書かせてもらって、それをポストカードと共に今日、速達で送らせていただきます。あしたには届くように手配させてもらいます…」

それよりこの人たちはなぜボクの家の電話番号を知っているんだよ。その方が気になるよ。ボクのプライベートな世界だろ、いやだなあ…。

そうしたら、本当に係長という人が家に来た。名刺を出したので、ボクも係長とうしろにいっしょに来ていた人の2人にボクの名刺を渡す。

非常に貴重な浮世絵の切手を8枚ボクにくれたのだった。ボクはそれならと係長にボクの本『元気が出るアジ語』を一冊プレゼントする。ついでに『往生際日記』を4冊あげた。

この光景を見ていた西野君は彼らが帰ったあと「まったく、ギャグですね。山本さんの切り返しの芸を久しぶりに見せてもらいました…」と大声を出して笑っていた。

これですべて一件落着かと思っていたらそのあと本局の一番偉い人から電話があり、今度、ウチの若い者に何か言ってくれませんか? 

そのための食事会を持つからというのだ。どういうつもりなのか? ボクにはさっぱり要領がつかめない。

こんな展開にならなくていいのだ。要はちゃんと仕事をしてくれというわけである。届けるものをしっかり届けて欲しいのだ。それだけなのだ。

本をプレゼントしたのが、どうやら効きすぎてしまったようである。

いやあ、たかがポストカードでとんだ1日になってしまった。まったく世間というのは面倒臭いものである。

本当にあした速達で届くのかなあ。たしかめてみる必要がある。



U−STYLEはもっとお客がはいってもいいんだけどなあ。プロモーターの佐伯さんもあれでは浮かばれないよ。

午後6時半、後楽園ホールに行く。U−STYLEの試合を見に行くためだ。途中、山下書店で隆慶一郎の『一夢庵風流記』を買う。文庫で560ページもある大作だ。来週の月曜日までには読もう。

後楽園ホールのエレベーターのところでかつての一揆塾生に偶然会った。ボクの前から姿を消した人である。

消えるなら二度と会わない状態にして欲しい。それをあんなところで会うことが、そもそもどしょっぱいというのだ。

U−STYLEはもっとお客がはいってもいいんだけどなあ。プロモーターのhttp://www.deep2001.com/saekibeya/index.html">佐伯さんもあれでは浮かばれないよ。

やりようがあるはずなのだ。それにしてもhttp://www.u-filecamp.com/">田村潔司という人はいいキャラをしている。この日彼はトーナメントに勝って、初代U−STYLEのチャンピオンになった。

でも準決勝で試合をした垣原とアレクは試合開始早々に双方がヒザと腕を負傷。試合続行不可能となった。

プロレスが下手なのだ。プロレスでは相手にケガをさせることと、自分がけがをすることが、最もよくないことと言われている。

それがゴング早々、一瞬のうちに起こったのだからまずいよ。何年、君たちはプロレスをやっているんだと言いたくなってくる。

9時に試合は終わった。帰りにofft後楽園に寄る。「アフター5スター賞」の結果をみるためだ。

1着、ハタノアドニス。2着はトミケンマイルズ。予想的中。1本買いで当たった。

家に帰ると、http://www.asakusakid.com/">浅草キッドの水道橋博士に電話する。

「誕生日、おめでとう!」

「ありがとう、わざわざ電話してくれて…」

博士はボクが足を切ることを楽しみにしているようだ。もちろん、冗談だが…。

「一度まだ家に子供を見に来て…」と言われる。

博士のためにここは一つ小説を書くしかないのだ。

「どう? 糖尿病になって毎日、各駅停車に乗っている気分もまたいいんじゃないですか?」

「そうだよ、新しい気付きと発見が多いよ、ホント」

博士は今年、何歳になったのだろうか? 中日が勝って巨人が負けた。ボクとしては今年のセリーグは中日に優勝してもらわないと困るのだ。

中日の野球が野球だからだ。アンチ巨人という発想はもうない。今はアンチ巨人野球が正しい言い方である。

あの利己主義人間(失礼)、落合が間違って監督になってしまったのだ。それがセリーグで優勝したら、これは傑作な話なのだ。

オリンピックよりボクにとっては落合中日の運命の方が気になる。それにしてもきのうの雨がまるで嘘みたいによく晴れた夏の日だった。

まだまだ真夏日は続くといっても、それはもう夏の終わりを知らせるためでしかない。

夜中、北斗晶から電話がある。すでにボクは寝ていた。北斗は景気がいい。第一、電話なのに声が大きい。それに子供たち(息子たち)の騒ぐ声がうるさいほどだ。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kensuke-office/">健介も電話に出た。「君は吹っ切れた。完全に心は自由になった」というと「頑張らないと、食っていけないですから…」という。

いいことだよ、それって…。ある人が言っていた。今年の日本マット界のMVPは佐々木健介だと。その通りである。記者の間でも健介人気が上がる一方のようだ。

何かあっても楽天主義で生きるのだ。今の健介にはそれがある。2年前までの健介は暗すぎた。

なによりも健介の存在感が、プロレスラーという雰囲気になってきた。あれは銭が取れるよ。人生って何が幸いするかわかったものではない。

今日の四字熟語≠ヘ葉書事件にする。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.