スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

映画完成

 この日は丸1日、休養にあてた。ひたすらベッドで横になりもの思いにふける。何を考えるわけでもないが、何かを考えていた。

 手紙を書けばよかったがそれもやめた。本を読めばよかったのだがそれもしなかった。

 朝食はたまたま立石商店街に自転車でいくと、オリジン弁当の前に来た時、豚のしょうが焼き399円というのが目についたのでそれを買って食べた。

 399円は安いよなあ。朝食といっても午前11時40分頃。昼食と兼用だ。けっこうおいしかった。これはいける。

 夕方からはだらだらとテレビを付けてそれを見た。見たというよりも半分はBGMみたいなもの。

 巨人と西武の試合をめずらしくテレビ中継していた。しかも地方の宇都宮である。あれ、雨じゃないの?

 やっていたんだ。坂本がガツーンとホームランを打った。この若者は大化けした。何か特別なものを持っている。

 高卒の選手なんだろう。しかも内野の遊撃手。これを称して“坂本革命”と呼びたい。

 というよりも今年の巨人は野球チームらしいチームになった。この形になると強いよ。育成選手あがりがスターティングメンバーにいるんだから、昔の巨人なら絶対に考えられないこと。

 私は松本選手のファンである。彼には本当に頑張って欲しい。あと鈴木選手もいいよなあ。巨人ファンではないが巨人というチームには、今すごく興味がある。

 やっと原監督が理想とするチームができあがりつつあるんじゃないかな。

 試合中に亡くなったプロレスラーの三沢選手は、北海道夕張の出身だったんだ。夕張ねえ。

 1980年、たしかあの年、栃木国体があった。ちょうどその時、アマレスの重量クラスで無敵を誇っていた谷津嘉章のプロレス入りの噂が浮上。

 彼は足利工大付属でアマレスを教えていた。もちろん国体では青年の部で出場。その試合が足利工大付属高校の体育館であり、私はカメラを持ってその取材に行った。

 谷津さんはもちろん、あっさり優勝。というよりも私はその試合を見てびっくりした。相手の選手は始めからまともに試合をしようとしない。

 スタートと同時に自分からマットに寝た。勝てないとわかっていたからだ。ああ、そういうこともあるんだと思った。

 優勝した谷津さんに取材する。もう彼はプロレスラーになることを決めていた。写真をとる時、足利工大付属高校のアマレスの選手。

 つまり教え子たちもいっしょにカメラにおさまった。その中に実は若き日の三沢選手(高校3年生)がいた。

 たしか彼は一番右側にいた。高校生としては大柄。おとなしそうな性格。でもどこかほかの選手とは雰囲気が、すでに違っていた。

 内面性を外に出さない性格。わかりやすくいうと不言実行型の人間。言葉少ない所が彼のいいところ。

 まだ高校生なのにそれとわかった。三沢選手の後輩には川田選手がいたが、彼のことはまったく印象にない。

 そうしたら谷津さんのあとを追うように1981年3月、三沢選手は全日本プレスに入門。谷津さんは新日本プロレスにはいった。

 プロレス記者で三沢選手の高校時代を見たのは、もしかすると私ぐらいかも。そんなことを私はぼんやりと思いだしてしまった。

 今から29年前の話である。あさって6月18日、彼は47歳の誕生日だった。あれ、ということは別れた2番目のカミさんと同じだ。

 博多の山崎さんの奥さん、二三代さんもそうだ。やっぱり若死に、それが一番、悲しい。とにかくリングで死んではいけない。

 あらためてそう思う。紙プロのガンツ堀江氏から電話がある。今週の土曜日、紙プロがイベントをやる。

 なんでもそこで船木選手が撮った映画を上映するというのだ。ガンツは私にも一本、映画を撮れといってきた。

 面白いじゃないか? そこで私は次のようなストーリーを考えた。大人のおもちゃの店にぶらっとはいった60代過ぎの男(もちろん私がモデル)が、そこにあったダッチワイフに恋をしてしまう。

 このダッチワイフが高価なのだ。金のない男は必死に働いてやっとそれを手に入れる。

 彼はそのダッチワイフと東京の新宿、銀座、六本木、赤坂、東京駅前を次々とデートして歩く。

 ダッチワイフは当然、裸。裸はまずいというので、じゃあとその男は服を着せるのではなく、ダッチワイフの全身に字を書き込んでいく。

 写経である。いや、入れ墨(タトゥー)だ。もう夢中になってそれをやっていく。そして再び体が字で埋め尽くされたダッチワイフと共に街に出る。

 デートのやり直しだ。まあ、そういうストーリーを考えたがそれはボツになった。ダッチワイフを買えなかったからだ。

 それならと本物の女性の全裸にひたすら漢字を書いていく話はどう? それもモデルがいないのでやめた。

 あ〜あ、すべて企画の段階でパーだ。でもとりあえず1本、撮った。それは当日(20日)に上映する。その打ち合わせでガンツはあした立石にくると言った。

 今日の“四字熟語”は映画完成にする。ガ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.