スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

キレたあ

 今日、競馬で「皐月賞」の馬券を買った人は、みんな討ち死にしたんじゃないの? だって大本命のロジユニヴァースが、馬群に沈んでしまったんだから。

 まさかあんな形で惨敗するとは・・・。4戦無敗の馬なのに一体、何があったというのだ。

 それが競馬だと言ってしまったら終わりだが・・・。私は中山競馬場にいたがあの結果にはあきれてその場にへたりこんだよ。

 さて、問題はそのあと意外な展開になっていく。あれは午後6時頃だったと思う。ある人から電話があった。

 「ターザンさん、食事しました? 今、立石に来ているんですよ。よかったらどうですか?」

 あえてその人の名前はのせない。書かない。内博さんではない。自転車を飛ばして立石駅の踏み切りの所にいると、その2人が立っていた。

 電話をしてきた人はいきなり「皐月賞」はやられちゃいましたよと言った。彼はせっかく勝った馬を1着固定で3連単の馬券を買いながら、2着、3着にロジユニヴァースをからめていたためパー。

 やっぱりなあ。みんなそうだよ。ロジが飛ぶなんて誰も想像していなかった。

 「あのう“秀”に行きましょう。さっき見てきたらボックス席があいていましたから・・・」

 なんだ。手まわしがいいなあ。店にはいるといきなりマスター(主人)から「勝ったあ? 取ったなあ?」と言われる。

 取るわけないじゃないか。3人で生ホッピーのハーフ&ハーフを乾杯する。

 2人とも26日の「誕生日会」にはくる。私にとってまったく気心の知れた連中。結局、9時20分頃まで飲んだ。

 人見君を呼ぼうとひとりが彼に電話したが間に合わなかった。

 二次会は居酒屋「ときわ」に決定。オ、いっぱいじゃないか。めずらしい。日曜日のこの時間に3人ぶんの席がない。

 奥に座敷の部屋がちょこんとある。4人はいったらちょうどいい感じになる小さな部屋だ。

 やっと人見君が到着。なんでも横須賀で新日本キックボクシングの試合があり、それを取材していたと言った。

 横須賀は遠いよ。ニラ玉を注文し私以外の3人は生ビールを飲んだ。その直後に異変が起こる。

 電話をしてきた人物ではない。人見君でもない。私のななめ前にすわっていた彼が、あることについて自論を述べた。

 その“あること”も書かない。面倒臭いことになるからだ。そう、くだらないことに巻き込まれたくない。

 その彼の自論は私に関係した“あること”だ。へえ〜、お前はそれが言いたかったのかの世界である。

 彼の言っていることには一理ある。それは認める。しかしこいつは全体を見ていない。つまり物事にはいろんな含みが隠されている。

 その含みを無視した。はっきり言って私には言っていないことが山ほどあるのだ。それをわかっている人でないとターザン山本!は理解できないのだ。

 その言っていないことを私にしゃべらせるな。説明させるなである。それをしてしまうと私の価値は半減するからだ。

 私はそういう人間である。徐々にむかついてきた。キ、キレそうになる。キレた! 仕方がないので私は彼を納得させるために、今まで言っていなかったことを、一つの説明として出した。

 それに対して彼はそのことを“しょっぱい”と言ったのだ。私は完全にキレた。

 “しょっぱい”と言われて黙っているわけにはいかない。こいつは許せないと思った。なるほどこいつは“あっち”の方を味方したか。

 あっちねえ。あっちの住民かあ。それは前からわかっていた。目の前にあったウーロン茶のはいったグラスをつかむと、彼の胸元にそれをぶっかけた。

 もうそれだけでは気がすまない。グラスを投げつけてやった。それでもおさまらない。立ち上がり首を両手でつかむと、バカ野郎、ふざけるなと叫んでいた。

 こうなるともはや止めようがない。自分の席にもどると今度は、右足で茶ぶ台を思い切り引っくり返した。

 ガチャーン、ガチャ、ガチャ、ガチャ。三つのビールのグラスとニラ玉の皿が吹っ飛ぶ。テーブルの席だとそれができなかった。

 彼に向かって「お前は人間のくずだ!」と大声で叫ぶと、遠くの客席から「外に出てやれ!」と声が飛んでくる。

 それにしてもよく「ときわ」であんなことをしたものだ。ここには怖い(失礼)おばあちゃんがいるのだ。

 私は立ち上がって客と店の人に「スミマセンでした。申しわけない」と頭を下げてそのまま店を出た。

 “ときわ事件”の発生である。シンジローに電話してもう、あいつは「誕生日会」に呼ぶなというつもりである。

 人見君は最大の被害者だ。せっかくこんな時間にわざわざ立石まで来て、しかも日曜日の夜、遅くだよ。

 ここではっきり言っておく。オレをキレさせるなよ。キレさせるには理由があるからな。オレのことを表面だけ見てそこをつっついてきたら、0.1秒でオレは茶ぶ台を引っくり返す。

 間違いなく引っくり返す。みんなそれだけはおぼえておけよだ。今日の“四字熟語”はキレたあにする。家に帰るとダチキン先生から電話があったが、電話できる状態ではない。

 まったく「皐月賞」といいこれといい最悪の日曜日になってしまったのだった・・・。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.