スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

映画2本

 オレは絶対に神の妨害を認めない。いや許さない。だからといって悪魔の手助けも必要ない。

 敵は神と悪魔の両方だ。それぐらいの気持ちを持っていないと、人生は何も道が開けてこない。

 神はオレの中にしか存在しない。オレが存在することで初めて神はその居場所を得ることができるのだ。

 オレがいることでこの世界は完璧なものになる。ウイルスが人間の体の中、生きものの体の中にしか存在しえないのと同じこと。

 神そのものがだからアングルなのだ。「聖書」は初めに言葉ありきという一行で始まる。あれだってもう明らかにアングルなのだ。

 なぜなら神にとって最も必要なものが言葉だから。初めに神ありきと言いたいところを、そのように言い換えただけ。

 実に巧妙なトリックだ。人間はアングルに反応する動物、興奮する動物でもある。

 国家だって政治だって文化だって恋愛だってみんなアングルさ。そういえば今日、午前中「与作」のお兄ちゃんから“かつお”がはいったよと電話があった。

 行きたいんだけど食事制限しているんでね。特に朝食は大事なのだ。“かつお”は飛び切りおいしいんだよなあ。

 ニンニク、ショーガ、ワサビの三点セットで食べるともう最高。お兄ちゃんは「日記を読むと元気なさそうで・・・」と心配していた。

 お兄ちゃん、元気があるのも、元気がないのも私にとってはすべてアングル。アングルですよおおおお。

 だから心配してくれるのはうれしいけど、大丈夫。全然、大丈夫なのだ。アングルという意識があるから1年間、休みなく日記を書くことができるのだ。

 そうでないと日記なんか書けないよ。ある部分でそれは“アングル日記”でもある。アングル日記でないとつまらない。

 この世界はアングルグラウンド。間違いなくそうだ。そのことを積極的に楽しんでいる私は、さしずめアングラーといえるだろう。

 夏日の10日。夜になっても1階の私の部屋は19度あった。もうパンツいっちょうでも十分。

 昼は扇風機が必要なぐらい暑かった。だが外は少し風が強い。そのため咲き切った桜の花びらが風にゆられ、まるで蝶のように気持ちよく飛んでいた。

 午後3時半、錦糸町に行く。映画「トワイライト〜初恋〜」を見るためだ。日曜日の夕方、新しくスタートする“シネマパラダイスの会”(仮称)の課題映画なのだ。

 友人の話によると「この映画は山本さん向きじゃないね」と言っていた。そうかなあ。

 私は映画は映画として見る。映画は映画として楽しむ。理屈は後付けでいいと思っているのだ。そう考えると最近ではどんなタイプの映画でも苦にならない。

 「トワイライト〜初恋〜」は女のコの目になって見た。男(野郎)の視点でこの映画を見たら、何も見えてこないよ。

 けっこうよかった。これは語れるね。詳しいことはここでは書かない。当日、述べる。といっても会の進行と幹事はシンジロー君とその女友達にやってもらうので、私はでしゃばらない。

 若い彼らにまかせる。もう一本の課題にもなっている「ザ・バンク 堕ちた巨像」は見ても見なくてもいい。

 でも、私はついでに見ることに。8時から上映。「トワイライト〜初恋〜」が6時過ぎに終わったので、2時間、錦糸町でぶらぶらした。

 ウン、こっちの映画も楽しめた。両方とも映画は娯楽という考えで見たのがよかった。それならなんでも楽しめる。

 映画は絶対に見たもん勝ちなのだ。1日に2本続けてみるのはめったにない。それも“シネパラ”のためである。

 パンフレット(両方とも700円)もきっちり買った。資料として必要。全部、読んで当日にそなえる。

 復習と予習はやっとかないとね。「ザ・バンク」には私が去年見た映画の中で特別に気に入った「イースタン・プロミス」に共演していた男優と女優が共にまた出ていた。

 ウン、それもよかった。ナオミ・ワッツっていい女優だね。タイプ的に私は好きだ。

 シンジロー、君、映画、見たんだろうね? もう時間がないよ。夜、K先生から電話があり、芸大の大学院の入学式が今日あったという報告。

 それはおめでとう。奥さんといっしょに芸大に行ったら奥さんの方が生徒に見えたそうである。

 2人の年齢は16違うのだ。先生はこの日から学生である。いいなあ。うらやましい。

 40代の半ばを過ぎて学生にもどれるなんて、こんなぜい沢なことはない。

 入学式の時、ある教授は入学生に対して漢字一文字として“視”をおくったそうである。

 視覚の“視”である。まずはしっかりとものを見ろということか? 見て考える。見てまとめるである。

 映画を見終わったあと午後10時40分、「与作」に寄ったら客でいっぱい。お兄ちゃん、巨人、勝った?

 何、阪神の金本がまた3本、ホームランを打ったの? ホント? でも巨人が6対5で勝ったみたい。

 お母さんがいたので「忙しいけど頑張ってね?」と声を掛けたら「先生のこと愛しているから・・・」と言われてしまう。

 アチャーだ。今日の“四字熟語”は映画2本にする。ちなみに2本とも寝なかった。ガ、ハ、ハ、ハ、ハ。

ターザンカフェより)

※4月12日(日)の夕方、“シネマイッキ塾”の後身にあたる“シネパラの会”を開催します。参加希望者はメールか当日午後6時、渋谷「109」前に来て下さい。課題映画は「トワイライト」、サブ課題が「ザ・バンク 堕ちた巨像」です。「トワイライト」を見ていれば参加できます。初めての方もお気軽にご参加ください。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.