スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

チン談義

 家で日刊スポーツをとっているのだが、この日の1面トップ記事にはびっくりした。清原と桑田の“KKコンビ”が、神戸のスカイマークスタジアムで打撃練習をしているところの写真である。

 最初、なんだこれは? と思った。スタンドには誰もいない。元パイレーツの桑田がマウンドから38球を投げたそうなのだ。

 そのうちの一球を清原はライトスタンドにほうりこんだ。見出しは「清原へ桑田魂」というもの。

 なんでも、清原は8月3日に1軍に昇格するという話である。それにしても、これをトップ記事にするとは・・・。

 季節はずれの印象である。日刊スポーツも思い切ったことをしたものである。まあ、たまにはこういうこともありか。

 2人ともすでに40歳なのだ。とにかく朝からアチャーの話である。もう一つ驚いたのは、夢香姫が午前中、後楽園ホールに行って8月1日のボクシングのチケットを2枚買ってきたことである。え? どうしたの? 何があったの?

 そのボクシングの会場に、歌手の長渕剛がくるというのだ。もうそれだけで1万円のチケットを2枚買ったというのだから、彼女の剛への思いは本物である。

 というわけで私は8月1日の金曜日、ボクシングの試合を見るために夜、後楽園ホールに行くことになった。


 午後からインタビュー起こしをする。JRA(日本中央競馬会)のジョッキー、石橋脩を取材したのだ。

 雑誌「競馬 最強の法則」の取材である。インタビューが始まる前、私はS女史にテレコの電池を新しいものにかえるように言ったが、大丈夫といって無視された。

 1時間後、あれ、おかしいなと思ったら、A面がB面に切りかわっていないのだ。90分テープだったので、45分になると自動的にB面に切りかわるはずなのに電池がなくなっていたのだ。

 アルカリ電池は急に電池がなくなる。だから、絶対に取りかえる必要があるのだ。そのテープは20秒後には、まったく何も録音されていなかった。

 S女史が予備にもう一つ、テレコとは別のものを置いていたので助かった。やばいところである。それをわざわざテープに録音しなおしてバイク便で送ってきた。

 これがまた、なぜか聞きづらいのだ。えらい目にあった。それでもなんとか午後6時前には仕上げることができた。あせったというか、苦労したというか、ホントにまいった。


7時、博多の山崎さんが立石にくる。夢香姫も来た。30分後に内博(ウチパク)さんも合流。居酒屋“アタタラヤ”に行く。この4人の飲み会の主役は山崎さんだった。

 山崎さんは午前中、上野に行き「対決 巨匠たちの日本美術」を見てきた。手にはそのパンフレットがあった。

 なんでも、洋画よりも日本画の方が好きだと言った。雪舟の絵は去年、山口県山口市で“雪舟展”があった時、それを博多から見に行ったというのだからすごい。

 水墨画のファンとは知らなかった。特に巻物として平安時代に描かれた「鳥獣戯画」がお気に入りとか。めずらしい人である。

 山崎さんはコローの森の絵を見て「あの木は男のナニに見えました・・・」と言った瞬間、それが山崎さんのキャラになってしまった。

 この日も雑談中、何かあったらすぐに“チンチン”という言葉を連発するのだ。夢香姫がいても一切おかまいなし。

 そのたびにワ、ハ、ハ、ハ、ハ。ガ、ハ、ハ、ハ、ハとなる。内博さんも、山崎さんにはもう口あんぐり状態である。

 しかし、バカ話とバカ笑いほど楽しいものはない。いい大人同士だから、そこがまたいいのだ。そのルールは一つ。そこにいない人のことをボロカスに言うこと。

 アチャーである。笑いのネタにするということはそういうことである。山崎さんはビールからポッピー。内博さんはビールから緑茶割り。

 “アタタラヤ”はオム焼そば、牛すじ、まぐろとアボカド、カレーにパンをつけて食べるやつ、それがおいしい。

 内博さんは文章講座の「博多一揆塾」に行きたいと言っていた。ついでに小倉競馬場まで足を伸ばすという腹である。

 それもまたいいんじゃないの? 途中、谷賢に電話したら、それをひとりひとりみんなにまわす。谷賢、お前もここに来ればよかったんだよ。


 このバカ笑いワールドは健康にいいよ。10時まで“アタタラヤ”にいて、次の店へ。立石商店街の中にある“オールディーズ”へ移動。水曜日はすべての飲み物が500円均一。ワンコインデーなのだ。

 お通しはポップコーン、チョコレートとミックスナッツを注文。私は例によってジントニックを飲む。

 ここでも延々と山崎節の延長線だ。チンチン、チンチンのオンパレード。いやあ、書けない話ばっかり。

 11時半までいて解散。私と夢香姫は自転車でそれぞれ自宅へ。内博さんと山崎さんはどうしたのだろうか?

 “アタタラヤ”にいた時、店内のテレビではボクシングの試合をやっていた。内藤選手は、この“アタタラヤ”から歩いて3分のところにある宮田ジムの選手。

 ええ〜、内藤選手のKO勝ち? まさかあ。そんなことってあるんだ。そうしたら、亀田興毅選手がリングに上がってきて、勝利者である内藤選手をたたえているではないか!

 これはもう、明らかにTBSの演出だ。年末、12月31日大晦日、内藤VS興毅戦はもはや決まったようなものだ。

 内藤選手はわが街、立石の英雄である。でも、ここで勝つかなあ。KO前までのジャッジでは完全に負けていたのに・・・。運が強い。

 今日の“四字熟語”は、チン談義にする。山崎さんの独壇場である。楽しかったよ(笑い)。


ターザンカフェより)

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.