スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

佐藤嘉洋

 連絡するのが遅れてしまった。今週の土曜日“シネマイッキ塾”をやる。場所は喫茶「ルノアール」のニュー秋葉原店(03・3251・0210)。

 午後7時30分から。いつもは6時からなのだが、今回は会議室がその時間しかとれなかった。課題映画は「告発のとき」。

 アカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」のポール・ハギス監督の作品。イラク戦争から帰還直後に謎の死を遂げた兵士をめぐるミステリー。

 主演はトミー・リー・ジョーンズだ。映画「ノーカントリー」にも出ていた。というよりも、缶コーヒー「ボス」のCMに出ている親父さんといった方が早い。

 なんと、映画ファンのダチキン先生は「告発のとき」を2回見たと言っていた。有楽町では有楽座、渋谷ではシネフロント、新宿では新宿トーアでやっている。

 今回はこの1本でいく。できることなら「ボクの大切なともだち」をサブとして見ておくことをすすめる。


 午前中、吉永君に電話して「お前が悪い」とあらためて言う。これは彼の性格だから仕方ないか。

 だって“怪人クン”の出版記念パーティーは君の車で行った方が断然、楽しい。夢香姫にもずっと吉永君が車で迎えに来てくれるから、と言っていたのだ。

 出版記念パーティーはイベントである。イベントは完璧であることが絶対的条件である。わかりやすい言い方をすると「完全犯罪をしろ!」なのだ。

 そのためには詰めを誤るなである。怪人クンは本当に私のところに案内状を送ってこなかったのだ。

 だから、私は会場の場所も会場のお店も当日まで知らなかった。怪人クンは封書で送ったと言ったが、届いていないものは届いていない。あるいは、乾杯のあいさつを私は頼まれていたので、前日に私に対して確認の電話を入れるとか、念には念を押すべき。

 そうしたら、私が会場を知らされていないことがそこでわかったかもしれない。すると、私もすぐに吉永君に電話した。

 そこでもう、彼が車で来ないことが発覚する。トラブルは未然に防げた。私がイベントを実行する側にいたら、こういうミスはしない。

 すべてにわたって、しつこいほどチェックにチェックを重ねる。このチェック精神はきわめて大事なことなのだ。

 ジャン窪さんが7月8日の大安に結婚届を出すことを事前に知っていたら、出版記念パーティーが4時に終わったあと、ダブルヘッダーでそのお祝いを新宿かどこかでやればよかった。

 谷賢などに声を掛ければ、すぐに10人は集まった。八木一平、タッチー、まりね〜、谷保さん、宮本君がいるではないか。

 大失敗だ。私はいつだって祭りが大好きな人間。だったら、イベントをやる側にならないとダメだ。招待される側だと、どうしても気合いがはいらない。

 とにかく、イベントをやる主催者は神経を使う。当日まで気が休まらない。緊張の連続。それがいいのだ。


 夕方の5時半、九段下にある日本武道館に行く。K-1MAXの試合を見るためだ。内博(ウチパク)さん、吉永君、夢香姫の3人を誘った。

 人見君とも会場で出会った。最後の試合が終わった時はもう10時前。もう少し早く終わって欲しいよな。

 タクシーを飛ばして水道橋に行く。あらかじめ取っていた部屋があったので、内博さんと夢香姫と私の3人で今、見てきたK-1MAXの座談会をやった。

 それを深夜の3時にポッドキャストで流すためだ。即日アップである。ウン、それぐらいのことはやらないとね。

 この日の最大のハイライトは、佐藤嘉洋が難攻不落のムエタイのブアカーオを右ストレート一発でKO勝ちしたことである。

 期待と願望はあったが、まさかあのブアカーオをマットに沈めるとは誰も予想していなかったはず。

 ブアカーオ自身、彼の格闘技人生でKO負けはおそらく初めての体験。いやあ、劇的というかドラマティックな佐藤選手の勝利だった。

 私もその瞬間、思わず両手を大きく広げてバンザーイをしてしまった。それはみんな同じ気持ち。

 これで10月1日、武道館でおこなわれる準決勝では魔裟斗VS佐藤戦という夢のカードが実現する。

 盛り上がること間違いなしだ。イベントプロデューサーの谷川貞治氏も佐藤選手が勝った時“してやったり”と思ったことだろう。

 ポッドキャストにとっても、それは幸運をもたらしてくれた。K−1にはまだまだツキがあるということか。


 座談会で一番びっくりしたのは、今から20年以上前、大学生だった内博さんがキックボクシングをやっていたことである。

 え? あの立嶋選手がいた習志野ジムに通っていたの? 知らなかったなあ。だから、K-1MAXの試合を見ても、私と違って細かい技術批評ができるのだ。

 ああ、びっくりした。その内博さんが今、一番気に入っているキックボクサーが全日本キックのリングで活躍している石川選手。

 彼は“青春塾”所属だが、そのジムは我が街、立石にある。石川選手とはスーパー銭湯のサウナで会ってから友達になった。

 そうだ、今度、全日本キックのリングアナ、宮田さんに電話して、石川選手と小林聡さんを呼んで立石で飲もうか。

 それは面白い。ぜひ実現させよう。小林聡さんとも、しばらく会っていない。彼は今、現役を引退したあと、全日本キックのマッチメイカーというか、総合プロデューサーとして腕をふるっている。彼らと“立石の会”を結成するのもいい。

 家に帰ったら午前0時をすでにまわっていた。深夜3時発信のポッドキャストはうまくいったのだろうか。

 今日の“四字熟語”は、佐藤嘉洋にする。彼のことをもう何年も前からすごい選手といい続けて応援してきたのがタレントの関根勤さんである。さすが先見の明がある。素晴らしい。


ターザンカフェより)

★実践文章講座in博多 7/9(水)14:00〜 福岡市中央区荒戸3−4−16 九コンビル2Fセミナールーム *飛び入り参加、大歓迎です。今回のテーマ「苦手」についての作文を書いてお持ちください。(850字)


★7/14(月)ロフトプラスワン
格闘技トーク最強タッグ!!
格闘ホームレス・ターザン山本!と吉田豪の格闘二人祭り!!〜08’夏〜
全格闘技ファン絶対必見!!話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト陣とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!!今回は誰が乱入するのかっ!?【出演】ターザン山本!&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!Open18:30/Start19:30前売\2500/当日未定(共に飲食別)(※お恵みフリー)前売はローソンチケットにて6/14発売開始(Lコード:34945)

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.